ジャパンカップ 2014 出走予定 外国馬はどうなの?

伝説の1日12レースのパーフェクト的中を4度実現したあの競馬の
神様と女神伝承の馬券術を体感するチャンスがここに!

☆無料情報の詳細はこちらで!☆

 

<ジャパンカップ 2014 出走予定 外国馬はどうなの?>

競馬の祭典ジャパンカップGI

やっぱり外国から来る超一流馬は気になりますよね。

ジャパンカップは国際招待のレースなので、凱旋門賞馬とか、すごいビ
ッグネームが呼ばれて来たりもするけど、そこは「招待」なので「勝負
をかけてきているわけないじゃん」
なんて例年言われちゃったりもして
いますね。

日本で種牡馬入りする馬がお披露目のために走る場合もあるようですよ。

勝てればもちろんいいんでしょうけど、あまり無理はさせられないケー
スもあるかも知れません。

もっとも最初の頃はそれでも全然外国馬にはかなわなかったわけではあ
りますが…。

私は過去、日本の大物種牡馬としてJCにやってきたトニービンで大勝
負したことがあるんですけど…。結果は惨敗でした。

でも、中には日本の硬い高速馬場との適性を考えてベストチョイスでや
って来る馬もいるわけで、そう言う馬たちは、素晴らしい競馬をして勝
っていますね。

私は個人的にはオグリキャップを退けたホーリックスの勝利(2分22秒
2の当時のレコード)が今でもとても印象に残っています。

前置きが長くなりましたが今年はどんな外国馬がやって来るのでしょう
か。

今年はヨーロッパから2頭、カナダから1頭の、合計3頭が出走予定と
なっています。

☆☆_ ☆☆_

 

スポンサーリンク

 

☆☆_ ☆☆_

今年の外国招待馬はこの3頭!

【アイヴァンホウ】

中でも今年の目玉はドイツの最強馬、アイヴァンホウですね。

アイヴァンホウは地元ドイツで9月に行われたGIバーデン大賞(2400M)
で今年のドイツダービー馬を3馬身も引き離して勝っているそうです。

その後に行われた凱旋門賞、出走はしましたが18着。

そして、11月に行われたドイツGIバイエルン大賞(2400M)では素晴
らしい勝ちっぷりを見せて優勝!

斤量60キロでも余裕で勝っちゃうので底力はかなりあるのではないで
しょうか。

ヨーロッパの馬らしく、重い馬場が得意なようです。

「馬場は悪ければ悪いほよ良い」なんてどこかの情報にかいてありました。

得意な馬場になれば末脚は鋭くかつしぶとく伸び、雨でも降ろうものな
ら一気に上位に浮上するかもしれません。

9戦5勝(うち、重賞4勝)、2着1回。

当ブログの独自の予想オッズは14.9倍(9番人気)としました。

名前の由来はスコットランドの小説からとったそうです。

【トレーディングレザー】

アイルランド出身のトレーディングレザーは2013年のアイルランド・
ダービー
の勝馬ですね。

この馬は硬い高速馬場が好みのらしく、JC一本に照準を合わせていたよ
うです。

昨年のキングジョージでは2着に破れましたが、時計のかかるイギリス
の芝2400Mで2分25秒台(2着)をマークするなど高速馬場への適性
を見せています。

ちょっと注意が必要かもしれません。

15戦4勝2着5回(うち、重賞2勝)

当ブログの独自の予想オッズは15.8倍(10番人気)としました。

名前の由来は分かりませんが直訳すると「革の取引き」なので、貿易会
社のオーナーとかの持ち馬かもしれません。

【アップウィズザバーズ】

カナダ出身。

2013年の北米GI「ジャマイカH」(1800M)に優勝しています。

昨年のカナダの年度代表馬。

今年のGI挑戦はアーリントンミリオンの4着。

14戦7勝2着3回(うち重賞2勝)

当ブログの独自の予想オッズは47.2倍(15番人気)としました。

名前の由来:英国のロックバンドの曲名から。

☆☆_ ☆☆_

今年注目の外国馬は?

今年も日本馬の天下になりそうな予感もしますが、それでもやっぱり侮
れませんね。

トレーディングレザーにちょっと注目です。

外国招待馬が激走するサインがあったら逐次、報告いたしますね。

☆☆_ ☆☆_

私は昨年のJCはとってもいい思いをさせてもらいました!

今年も、あの、伝説の1日12レースのパーフェクト的中を4度実現し
た神様伝承の無料予想サイトと合わせてどんどん勝に行きますよ~☆

無料だけどヤバイくらいあたるんです☆彡

 

関連記事:ジャパンカップ2014予想オッズはこれ!ジェンティル3連覇なるか?

 

☆☆_ ☆☆_

スポンサーリンク

☆☆_ ☆☆_

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Similar Posts

    None Found

表示数

このページの先頭へ