花子とアン80 香澄の憂鬱「優しすぎるの」 / 落ち込むはなに梶原叱咤

連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック

 

<花子とアン80 香澄の憂鬱「優しすぎるの」 / 落ち込むはなに梶原叱咤>

本日放送分の「花子とアン」第80話のおさらいをして
いきたいと思います。

どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

【今日(80話)のおさらい】

80

 

病院を訪れた英治は結核を患い入院中の妻・香澄にできたばかり
『にじいろ』創刊号を見せています。

 

香澄は『にじいろ』を楽しそうにぱらぱらめくり、はなの翻訳連
載の挿絵のところで目をとめます。

 

香澄にはその挿絵が英治のものだとすぐに気づき英治の腕前を
絶賛します。

 

(香澄と英治の会話で、英治は元もと絵描きなりたかったこと
が判明。)

 

英治は自分と弟が印刷を手がけた雑誌の完成の喜びを妻・香澄
と分かち合っているようにも見えます。

 

☆★_ ☆★_

その頃、はなもできたばかりの『にじいろ』かよに披露し
ています。

 

かよはなの編集初仕事にして、初翻訳連載の仕事ぶりを絶賛
しています。

 

かよもまた翻訳連載ページの挿絵を褒めますが、それが英治の
作であるとはなから聞き複雑な表情を浮かべます。

 

はなは、「もうふんとに大丈夫」などと強がりを言います。

 

かよはカフェの紳士も、はなの仕事ぶりを褒めていたと元気づ
けるのでした。

 

☆★_ ☆★_

kasumi

<病院で>

 

 

何度も『にじいろ』を読み返す香澄。

 

しかし香澄には英治が挿絵を担当した連載の翻訳者「安東花子」
という名前が何か気になるようでした。

 

おもむろにベッド横の引出しから木箱を取出し中にある聖母マリ
アのブローヂを憂鬱な表情で眺める香澄。

 

☆★_ ☆★_

翌朝、聡文堂では『にじいろ』創刊号の発送手配をしています。

 

その中には執筆した作家へ担当者から配るものも含まれていま
す。

 

☆★_ ☆★_

梶原は村岡印刷への挨拶にはなを連れていくことにします。

 

はなは英治の事もあるので表情を曇らせますが、もちろん仕事
なので断るわけにはいきません。

 

亜矢子ははなを気遣って、自分が行くと言い出しますが却下さ
れてしまうのでした。

 

☆★_ ☆★_

muraoka

 

村岡印刷には英治の姿はありませんでしたが、郁弥と社長の
平祐が梶原とはなを応対します。

 

はなは村岡印刷の社長がカフェの紳士であることを知り、ちょっ
とびっくりしています。

 

梶原とはなは村岡印刷に雑誌完成のお礼をします。

 

その場の話題が英治のことになるとはなはやや表情が暗くなり、
梶原をひやひやさせます。

 

☆★_ ☆★_

 

スポンサーリンク

 

☆★_ ☆★_

この日も英治は香澄のお見舞いに来ますが、香澄は気分が悪い
らしく会ってはくれませんでした。

 

英治は着替えを看護婦さんに渡して残念そうに帰っていきます。

 

☆★_ ☆★_

kasumi2

<病室>

 

毎日のようにお見舞いに来る英治の事を看護婦さんが「やさし
いご主人ですね」
と香澄に語りかけると、香澄は一瞬、嬉しそ
うにしますが、すぐに憂鬱な表情になり「優しすぎるの」とつ
ぶやきます。

 

☆★_ ☆★_

kajihara

雨の夜、この日も残業している聡文堂の面々。

 

他の社員ははなに仕事を任せて帰っていきます。

 

ふと、雨を眺めてはなはまた英治の事を思い出し、しばしボー
っとするのでした。

 

はなの様子を見ていた梶原は、英治とはなとの間に何かが起き
たことに気づきますが、「そういう時こそ仕事を頑張りなさい」
はなを叱咤し、はなを残して帰っていくのでした。

 

<次回へ続く>

 

【次回第81回のあらすじ】

NHK連続テレビ小説 花子とアン オリジナル手ぬぐい さくら柄

 

<Yahoo! Japan テレビガイドより>

周りに心配をかけまいと仕事を請け負ったはな(吉高由里子)だが、知らぬ間に寝てしまい、校正が半分も終わらず大慌て。出勤してきた社員たちの力を借り、なんとか約束の時間までに校正は終わるが、社内の微妙な空気にはなはいたたまれなくなる。昼休みに醍醐(高梨臨)に昼食に誘われたはなは、醍醐から「英治(鈴木亮平)のことで傷ついているのは分かるがそれと仕事とは別」と忠告され、明るいはなに戻ってと励まされる…

 

 

【感想】

はなは、大人になってもいつもどこか子供っぽい感じなのです
が、ちびはなのイメージがつながりやすいようにしているのか
もしれません。(まあ物語上は同じ人物なので年齢を重ねても
変わらない特徴はあるでしょうけど。)

 

実際の村岡さんも、子どもっぽいというか、無邪気なところが
あったのでしょうかね。

 

☆★_ ☆★_

はなも亜矢子もなんとなく仕事に私情を入れ過ぎのような気が
しますね。

 

亜矢子は友達思いなんですが、今回はちょっと行きすぎちゃっ
ている感じです。

 

☆★_ ☆★_

英治の奥さんは英治の丹念なイラストを見て、彼がここまでの
仕事をさせたのは「安東花子」の存在であると感じたのでしょ
うか。

 

「英治が優しすぎる」と言って香澄が悲しげな表情になった理由
はどういったことなのでしょうかね。

 

そしてあのブローチ(?)は英治からプレゼントされたもの
なのでしょうか。

 

今後の展開に注目ですね。

 

☆★_ ☆★_

次回もお楽しみに!

 

【主なキャスト】

安東はな(吉高由里子): のちの村岡花子

安東吉平(伊原剛志): はなのお父

安東ふじ(室井滋): はなのお母

嘉納伝助(吉田鋼太郎):蓮子の旦那

嘉納冬子(城戸愛莉):伝助の妾腹の子

嘉納蓮子(仲間由紀恵):はなの腹心の友。伝助の妻

村岡栄治(鈴木亮平):印刷会社社員

村岡香澄(中村ゆり):英治の妻

村岡郁弥(町田啓太):英治弟

梶原聡一郎(藤本隆宏):聡文堂社長、編集長

宮本龍一(中島歩):演劇学生

三田悠介(本田大輔):聡文堂社員

宇田川満代(山田真歩):新進気鋭の女流作家

ナレーション(美輪明宏)

原案: 村岡恵理

脚本: 中園ミホ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ♪彡 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ♪彡

最後までお読みくださいましてありがとうございした。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ