「花子とアン145 あらすじ 感想」タグの記事一覧

花子とアン146 終戦、そして純平は帰らぬ人に!悲しみの母・蓮子の怒りの矛先

NHK連続テレビ小説「花子とアン」146おさらい。太平洋戦争もやっと終焉します。花子はとうとう『Anne of Green Gables』の翻訳を完成させるのでした。一方、戦争が終わり純平の帰還を待ち望む蓮子でしたが、純平は戦争の犠牲者になったことを知らされ、一日にして白髪頭になってしまうのでした。純平の噂を聞きつけてやって来た花子に蓮子は怒りを顕わにし、花子はきょとんとしてしまうのでした。

花子とアン145 突如チビはな降臨!自己との対話 / かよの店は跡形もなく…

NHK連続テレビ小説「花子とアン」145おさらい。空襲の翌朝、花子と美里はももと直子に合流して村岡家に帰ってきます。村岡家は翻訳原稿の一部が焼けただけであとは無事でした。英治も旭も無事でした。かよもぶじでしたが店は全焼してしまいます。花子は「アン」の翻訳を続けていると、突然姿を現したちびはなと自己対話を始めるのでした。

サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ