「花子とアン155 あらすじ 感想」タグの記事一覧

花子とアン156最終回 花子「日本中にアンの腹心の友ができますように!」

NHK連続テレビ小説「花子とアン」156おさらい。宇田川がやって来た理由は『赤毛のアン』を読んで創作意欲が再び湧いてきたことの礼を言うためでした。『赤毛のアン』はベストセラーとなり、出版記念会で花子は立派なスピーチをしますが、スピーチが終わるや、とっとと帰宅して『アン』続編の翻訳に取りかかるのでした。花子の想像の翼はもう広げらています。

花子とアン155 タイトルは『赤毛のアン』! / 発売日に現れた宇田川満代

NHK連続テレビ小説「花子とアン」155おさらい。『アン』の出版がようやく決まり、あとはタイトルをどうするかというところまで来ています。花子は『窓辺に倚る少女』にいったんは決めますが、結局、美里の意見も聞いて編集者の小泉が考えた『赤毛のアン』をタイトルにすることにします。そして迎えた発売日。久々に宇田川満代が花子を訪ねてくるのでした。

サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ