朝ドラ『なつぞら』スマホケース 手帳型 全機種対応 NHK 朝の連続テレビ小説 なつぞら メモリアル グッズ マルチ スライド ケース iPhone XS XR iPhone8 Galaxy S9 Xperia android one S5 S3 らくらくスマートフォン かんたんスマホ BASIO 手帳型ケース メール便 送料無料

 

スポンサーリンク

【なつぞら33】ディズニー映画に胸ときめかすなつ…その時天陽は?

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第三十三話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

なつと照夫を結婚させようという泰樹の衝撃の提案を聞いた富士子と剛男はかなり動揺している様子で、その晩の食卓の柴田家の会話もいつもとは違ったどこかよそよそしい雰囲気が漂ったりもするのでした。

数日後、なつは天陽と一緒に帯広の映画館へ行きます。

映画館で観たディズニー映画の圧倒的な迫力に、なつは新たな衝撃を受け目をキラキラさせながらスクリーンに展開されるアニメーションに見入るのでした~!

アニメーションの生き生きとした動きを眺めているうちに、なつは東京の動画製作所で言われたことを思い出しています。

仲(プロ・アニメーター)

「(なつの絵に感心して)…ちゃんと勉強すれば、アニメーターになれると思うな。」

映画の本編が終了し、それに引き続いて映画会社「東洋」の宣伝が流れます。

コマーシャルの中で、この会社は、世界に通用する動画を制作すべく「東洋動画スタジオ」をつくったといい、そのスタジオの風景も流れます。

なつが見学した動画製作所がこの「東洋動画スタジオ」に吸収されたことを知るのでした。

この映画会社の社長は宣伝を通して、志のある若者人材を募集していることを高らかに訴え、それを聞いたなつは胸のトキメキを覚えるのでした~

映画館を後にして帯広の和菓子店「雪月」に立ち寄るなつと天陽…

天陽はなつがアニメーターになる夢を新たに持ち始めていることを感じちょっと複雑な表情をするのでした~

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

タイトル: なつぞら (33)「なつよ、雪原に愛を叫べ」
作: 大森寿美男
奥原なつ: 広瀬すず
奥原咲太郎: 岡田将生
柴田泰樹: 草刈正雄
柴田富士子: 松嶋菜々子
柴田剛男: 藤木直人
柴田照夫: 清原翔
柴田夕見子: 福地桃子
柴田明美: 平尾菜々花
山田天陽: 吉沢亮
小畑妙子: 仙道敦子
小畑とよ: 高畑淳子

主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

なつ(広瀬すず)の結婚について、泰樹(草刈正雄)に企(たくら)みがあることを、富士子(松嶋菜々子)と剛男(藤木直人)が知る。それから数日後、なつと天陽(吉沢亮)は、照男(清原翔)からもらったチケットを手に、帯広の映画館を訪れた。上映ブザーが映画館に鳴り響き、満員の客席が闇に包まれていく。なつは、夢のような漫画動画の世界に浸っていく…。

【感想】

照夫、天陽、なつ…三者三様の思いを持っており、さらに彼らを巡る人たちが、これまた様々な思惑で動くので、この先、どうなっちゃうんだろ~ってな感じの展開になってきていますね。

照夫はやっぱりお兄ちゃんとして育ってきているので、どちらかというとなつを結婚相手としては見れないと考えているかもしれません…

天陽はなつのことが好きには違いないでしょうけれど、多分、なつのアニメーターになりたい夢の邪魔はせずに、なつを手放しちゃうのかな~…という予感がしますね。

泰樹爺ちゃんの思惑はどちらにしても実現しないことになり、そこでなつがどのように泰樹やほかの家族の同意を勝ち取ってアニメーターになる夢を実現させていくのかがこの先の見どころの一つとなっているようです(^_^;)ワクワク

それではまた次回に!

スポンサーリンク