190418natuzora61

 

スポンサーリンク

【なつぞら61】なつに会いに東京にやって来た新婚の照夫と砂良。

連続テレビ小説 なつぞら 完全版 ブルーレイ BOX1【Blu-ray】 [ 広瀬すず ]

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第六十一話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

なつが東洋動画に入社して5が月余り過ぎ、動画「白蛇姫」もあらかた出来上がってきて、なつの在籍する仕上課の職場も残業続きでてんやわんやの大騒ぎ状態です。

ピリピリした課内では、いつも冷静に見えたまとめ役の富子も気が荒くなっているようでした(^_^;)コワッ

遅れに遅れた作画チームも仕上の仕事を手伝いにやってくる大騒ぎ!

モモッチによれば、この機会に作画チームが仕上課を訪れる主な理由はガールフレンドを見つけることのようでした。

あの仲も下山も、ここぞとばかりに仕上課の女子たちに大サービスです!

そして動画総枚数65,298枚にもわたる仕上の仕事もついに完成する日がやってきます。

富子(最後のセル画をじっくり検査し…)

「…はい。OKです!」

一同(溜息)

「…わぁああ!」

仕事をやり終えたなつがおでん屋「風車」に帰ると、北海道の兄・照夫とその嫁の砂良がやってきています。

すでに結婚式は済ませている照夫たちに、なつはありったけの気持ちで祝福の言葉を述べるのでした。

照夫の結婚に際しては柴田家の皆も大賛成で、泰樹爺も、牧場を継ぐという、かつてはなつに託していた夢を砂良が引き継いでくれることに大満足のようでした。

天陽からのお土産のジャガイモを渡され、亜矢美の前で天陽がなつとはいい仲であることを砂良にばらされたなつは照れまくりです(^_^;)

と、そこへ咲太郎も帰ってきて、初めて照夫と対面するのでした。

北海道土産のバターに、ジャガイモ、そして亜矢美のおでんでその夜は盛り上がるなつたちでした。

なつ(砂良へ伝言)

「…お母さんには私は大丈夫って伝えて!…好きな仕事を頑張って必ず夢を叶えてみせるって…。」

照夫と砂良に応援の言葉をかけられるなつ…

でも、なつはまだ妹の千尋に会えていないことを照夫夫妻にこぼずのでした。

なつ

「…砂良さん、幸せになってね…。絶対に幸せになってね!」

なつは自分の給料で買った北海道の家族分の手袋に自分のイラストを付けて、砂良と照夫に託して別れるのでした。

空にはまん丸お月様が昇っていて、なつたちも北海道の泰樹爺も時を同じくしてそれを眺めています。

お兄さんが来た日の夜もなつはアニメーターになるための練習を欠かさず続けるのでした~!

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (61)「なつよ、アニメーターは君だ」
作: 大森寿美男
奥原なつ: 広瀬すず
奥原咲太郎: 岡田将生
森田桃代: 伊原六花…なつと同い年の先輩モモッチ
下山克己: 川島明…作画課所属の元警察官アニメーター
仲努: 井浦新…東洋動画のプロアニメーター
柴田照夫: 清原翔
阿川砂良: 北乃きい
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

昭和32年春。東洋動画仕上課で働くなつ(広瀬すず)たちは、ついに数万枚におよぶセル画を仕上げて映画「白蛇姫」を完成させた。残業の日々から開放されたなつが「風車」に帰ってくると、新婚旅行で東京を訪れていた照男(清原翔)と砂良(北乃きい)の姿があった。二人の結婚の経緯や、懐かしい十勝での話で盛り上がっていると、そこへ咲太郎(岡田将生)も帰宅する。いよいよ、なつの二人の兄が顔を合わせることに。

【感想】

大きな仕事を終え、ホッとしているところに北海道の兄が結婚したばかりの嫁さんを連れてきて、東京の実の兄も合流して…なつの周りは何もかもが上手く行っているようですね。(アニメーターになれてればもっとよかったんでしょうが、この時点でそこまでやる必要なないでしょう!)

結婚して家庭を持つことは確かに素晴らしい事だと思います!

仕事もとんとん拍子に進み、夢を見事に実現して、それでいてさらに本命の人とゴールインできるならこれ以上ないかもしれません。

でもそこを強調しすぎて結婚して当たり前、結婚してこそ一人前みたいなことを言っちゃうと、そもそも結婚したくなかった人や、結婚したくてもできなかった人は困っちゃうんじゃないかなーと思ったりもしました。

今日はそんな感じかな…。

それではまた次回!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク