190418natuzora62

 

スポンサーリンク

【なつぞら62】亀山蘭子に熱狂する雪次郎!なつはトレースに挑戦!

連続テレビ小説 なつぞら 完全版 ブルーレイ BOX1【Blu-ray】 [ 広瀬すず ]

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第六十二話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

咲太郎の所属する新劇の劇団「赤い星座」の舞台を、同郷の雪次郎と一緒に見にきたなつ…。

東京で初めて見る演劇になつも雪次郎も大感激!

咲太郎は自分が付き人を務めている亀山蘭子になつと雪次郎を紹介するのでした。

なつ(蘭子に感想を語る)

「…あ、でも…、この感動は絵には描けないかなとも思いました。それくらい凄かったです!」

雪次郎の方は、蘭子のすごさを心から称えようとするのですが、なかなかいい言葉が見つからずこんがらがったことしか言えません…横で聞いてた咲太郎もなんとフォローしていいのか困った顔をしています。

しかし雪次郎の言葉から演劇に対する愛を感じ取ったのか、今は演劇を止めてお菓子職人の見習いをしているという雪次郎に対して…

蘭子

「…そう…。それでよく芝居をやめられたわね。」

蘭子の言葉には決して嫌味は込められてはいませんでしたが、雪次郎はその言葉にショックを受けます。

観劇のあと、なつと雪次郎、そして咲太郎は「風車」に帰ってきて、今日見てきた演劇についてあれこれ議論を交わしています。

雪次郎と言えば、いつもはちょっとおどけたキャラクターでしたが、今日ばかりは蘭子の名演技に心を打たれ真剣に演劇論を語り始めるのでした。

そしてなつは雪次郎の「演劇や文学の目的は人間の描写にある」という言葉に触発され、ますます絵の練習にも力が入るのでした。

なつの当面の目標は、先のレベルアップ試験の時に痛感したキレイに線を描くクリーンナップという技術の習得です。

ところで、「白蛇姫」の仕上が終わった仕上課は仕事もなくヒマな感じでしたが、その時間を使ってなつはトレースの仕事を買って出ます。

トレースとはセル画に綺麗な輪郭をつける仕事のようです(多分)。

なつ

「ずっと動画のクリーンナップの練習をしてたので、きれいに線を描くのは大丈夫だと思います。」

そこで仕上課の石井富子やモモッチや、ほかの皆が見ている前でトレースの実演をさせられるなつ。

同じ絵のセル画のトレースを10枚描かされ、最終的にその10枚を重ねて正確にトレースができているか判定します。

果たしてなつのトレースの判定結果は…、大体はできていたものやはりトレースごとの線のズレが発生しているようでした。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (62)「なつよ、アニメーターは君だ」
作: 大森寿美男
奥原なつ: 広瀬すず
奥原咲太郎: 岡田将生
亀山蘭子: 鈴木杏樹…咲太郎が付き人につく新劇女優
小畑雪次郎: 山田裕貴…なつと一緒に上京した高校時代の同級生
森田桃代: 伊原六花…なつと同い年の先輩モモッチ
石井富子: 梅舟惟永…仕上課を仕切るなつの大先輩
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

咲太郎(岡田将生)に誘われ、劇団「赤い星座」の舞台を見にいったなつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)。終演後、2人は咲太郎の案内で主演女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)を紹介してもらう。風車に帰っても、なつの熱は覚めやらず興奮気味に亜矢美(山口智子)に報告。雪次郎は、周囲が驚くほどに冷静な視点で、物語について語り始める。そしてなつは、アニメーションの仕上げの新しい仕事であるトレースに挑戦する。

【感想】

咲太郎が付き人を務める新劇女優の亀山蘭子を演じるのは鈴木杏樹さんですね!

私的には、鈴木杏樹さんと言えば「大森屋のふりかけ」のコマーシャルなんです(^_^;)ナツカシイ

バブルの頃だったかトレンディドラマ全盛だった頃だか忘れましたが、なかなかほんわかした感じが何ともステキな美人でしたね!

今や懐かしいTV番組の「シオノギ・ミュージックフェア」では司会を20年以上もつとめてたそうです。

そんな杏樹さんですがしばらく見ないうちに、すっかり成熟した大人の女性になられていてドラマの中の新劇女優の役も熱演していました。

杏樹さんの素敵ですが、東洋動画の仕上課のまとめ役・石井富子を演じている梅舟惟永も素敵ですね!

梅舟惟永さんて「うめふねありえい」と読むそうですよ!

早稲田大学法学部卒という素晴らしい頭脳の持ち主で、北京語はペラペラで、ヴァイオリンも弾けるという何ともステキすぎる女優さんです。

今回のドラマ「なつぞら」では、仕上課をまとめ上げ仕事に厳しい女性を演じていますが、ところどころに可愛らしい仕草や表情なんかがあったりして、ちょっと注目しています!

もちろん、なつを演じる広瀬すずちゃんはいつでも最高ですが…(^_^;)

それではまた次回!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク