190418natuzora88

 

スポンサーリンク

【なつぞら88】更にトンデモ化!「ヘンゼルとグレーテル」の結末!


連続テレビ小説 なつぞら Part2 (NHKドラマ・ガイド) [ 大森 寿美男 ]

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第八十八話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

なつが短編映画作りに夢中になっていたある日、仕事が終わって「風車」に帰ってくると、なつを待っていた咲太郎は劇団を辞めて声優のプロダクションを作ることを宣言するのでした!

咲太郎

「声だけの俳優、声優だ。お前の漫画映画にも使えるぞ、な、いいだろ?」

咲太郎は、自分が付き人を務めていた女優の亀山蘭子が今や声優として引っ張りだこの状況をみてそう決意したようです。

その蘭子は咲太郎のプロダクションの声優第一号で、同じく劇団に所属している雪次郎もレミ子も声優としてのデビューを咲太郎から打診されているようです。

とはいっても、蘭子や雪次郎、レミ子は元の劇団にも所属しながら掛け持ちで声優をするということです。

咲太郎

「俺は日本の劇団と役者を救いたいんだ。声の仕事は食えない役者の救いにもなるんだよ。」

皆で盛り上がっているところに、新宿界隈を取り仕切る藤正親分までやってきて、新しい仕事を始める咲太郎に売れないコンビ芸人を押し付けるのでした。

このコンビ芸人は、咲太郎が劇団「赤い星座」で亀山蘭子の付き人をやる前に、付き人をやっていたガラの悪いおじさんたちです。

さらに咲太郎には、松井というこのコンビの片割れのおじさんのおかげで、窃盗の濡れ衣を着せられ警察にしょっ引かれたという苦い思い出もあります。

咲太郎は、自分がこれから始めるのは劇団や劇場の運営ではなくて声優のプロダクションであることを、一生懸命、藤正親分に説明しますが、親分は全く意に介さず、このコンビを半ば無理やり咲太郎に頼み込むのでした。

咲太郎

「…わかりました。」

傍で見ていたなつは、先行きが思いやられるといったような顔をしています。

さて、そんなこんなで時は流れ、制作の期限であるこの年の初夏になります。

なつたちは「ヘンゼルとグレーテル」のストーリーがなかなか固まらず、「生みの苦しみ」を味わっているようでした。

つまり、結末がまだ決まっておらず、アニメーターたちは作画の段階には入れないという状況です。

麻子はかなりイライラしているようでした。

麻子

「しょせん私たちは作家じゃないのよ。絵描きなの!」

坂場はなつが描いた数枚のイメージ・カットをじっと見つめながらこう分析します。

坂場

「…森なんですよ。兄を助けようといちずなグレーテルに心を打たれた魔法使いの魔女が、森を支配する悪魔を裏切り、そしてヘンゼルとグレーテルを連れて森の中へ逃げていく。そこに悪魔の放った無数のオオカミたちが迫ってくる。そこまではいいですね?…あとはその森で何が起きるかです…。僕はこの話、子どもたちがいかにして森を信じられるかだと思っています。それはつまり、自分の生きる世界、生活を信じられるかどうかです。どんなに恐ろしい世界でも、そこに生きるものが自分の味方だと思えれば、子どもたちは未来を信じることができます。」

なつ

「…森を味方にするってことですか?」

森と聞いてなつは、北海道・十勝の森に思いを馳せます。

夜遅くまで会社に残り、森を思いながらイメージを描くなつですが、やがて疲れて机の上に突っ伏して寝落ちしてしまうのでした。

寝てもなお、森のことを考え夢を見るなつ…、いつだったか、吹雪く十勝の雪道で行き倒れになり、砂良の父親の弥市郎に抱きかかえられて救われた場面を思い出しながら夢を見るなつ…、夢の中で、ゴツくて包容力のある弥市郎の姿は突然、細面の坂場に変わり、なつはびっくりしてうなされることになるのですが…、その時、時を同じくして会社で残業していた現実世界の坂場が、うなされているなつを起こすと…

なつ(現実でも突然、坂場が出てきてビックリしながら)

「…えええっ!?…あっ…大丈夫です。ちょっと変な夢を見ただけです。…(突然何かを思い出したように)…あっ…その夢で何か思いついたんです。…魔法です!魔女が魔法で森にある一本の木を怪物に変えたらどうでしょうか?…(なつの脳裏に彫刻する木に魂を込める弥市郎の姿が浮かぶ)…その怪物がヘンゼルとグレーテルを守るんですよ!悪魔のオオカミたちをやっつけるんです!」

坂場(興味深そうに)

「…その怪物って何なんですか?いや…、魔女が魔法をかけただけですか?」

なつ

「いや…あの…、その怪物が魔女なんです。魔女の魂が森の木に宿ったんです!」

坂場

「なるほど…森と魔女が一体化したのか。」

なつ

「その木に守られたら、森を味方につけたことになりませんか?」

坂場

「…あなたを信じましょう。」

なつ

「描いてみます。」

深夜の仕事場でなつと坂場は二人っきりで絵を描き、ストーリーを書き続け、とうとう夜が明けてしまうのでした。

(朝の仕事場、なつも坂場も疲れ切って寝ています。)

その日のスタッフ・ミーティングで、なつは徹夜で考えたストーリーの結末をみんなに発表します。

なつ

「…最後はその木の怪物が悪魔の塔を倒すんです。するとがれきの中から今まで食べられてきた子どもたちが蘇るんです。そして木の怪物が、その塔があった場所で静かにまた動かなくなる。鳥たちが集まってきてその枝にとまる。…木漏れ日が降り注ぎ、ヘンゼルとグレーテルを包み込む。ああ、森に平和がやってきた。」

坂場

「そこで完!」

なつの話すストーリの結末を聞いて皆は納得したようでした…ただ一人、麻子を除いては…。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (88)「なつよ、ワクワクが止まらない」
作: 大森寿美男
奥原なつ: 広瀬すず
奥原咲太郎: 岡田将生
岸川亜矢美: 山口智子…おでん屋「風車」の女将
下山克己: 川島明…元警察官アニメーター
大沢麻子: 貫地谷しほり…きつい性格の美大卒アニメーター
坂場一久: 中川大志…演出家
神地航也: 染谷将太…新人アニメーター
亀山蘭子: 鈴木杏樹…咲太郎が付き人につく女優
藤田正士: 辻萬長…新宿を取り仕切る通称「藤正親分」
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

咲太郎(岡田将生)は、劇団を辞めて声優のプロダクションを立ち上げるとなつ(広瀬すず)に宣言する。咲太郎は、所属第1号の蘭子(鈴木杏樹)とともに、雪次郎(山田裕貴)やレミ子(藤本沙紀)に声優という仕事の可能性を語る。季節が巡り、制作の期限が迫ってきた初夏。東洋動画では、短編映画のストーリーがなかなかまとまらず、なつは、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)らとともに生みの苦しみを味わっていて…。

【感想】

短編映画「ヘンゼルとグレーテル」は、なつの新しい構想に神地が加わっていい感じで進んできたように見えましたが、肝心のストーリーの結末部分について、天才神地をもってしても明確なイメージを出すことができず、途中で行き詰ってしまっていたようですね。

しかし結局は、なつの類まれなる想像力によって結末も含めて壮大なスケールの「ヘンゼルとグレーテル」のストーリーが仕上がるのでした。

もっとも、なつのアイディアがすごいストーリーを紡ぎ出したというのは素晴らしいことこの上ないですが、その反面、荒唐無稽すぎてなんだかよくわからない話にもなっている気がしますね。…その辺は登場人物の堀内がコメントした通りだと思います(^_^;)

まあ、荒唐無稽でも、子どもからみて十分楽しめるレベルのものだと思われるので、おそらく映画はこのまま順調に仕上がって世間の大反響を呼ぶことになりそうですね。

ただ、魔女のお婆さんは、なつたちの考え出した新しいストーリーによって命の危険を脱しますが、悪魔やオオカミたちの末路については物語では言及されず、そこがちょっと気になるといえば気になるところです。

…悪魔やオオカミたちは怪物に追い払われたが命は温存され、別のところでまた悪さを働くのか、それとも、お婆さんのかわりに成敗されてこの世に存在できなくなってしまうのか…とかね(^_^;)

なつはますます坂場との絆が深まってきていて、ドラマの中盤から後半はやっぱり二人の恋愛話になるのかな~と感じた今回でしたね。

麻子は最後まで「こんなんでいいのかしら?」という顔をしていましたが、作品が出来上がって視聴者の反響を見て先入観を改めるという展開になるんじゃないかな~と予想する次第です。

それではまた次回!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク