190418natuzora120

 

スポンサーリンク

【なつぞら120】なつ直談判!産休後は…正規続行&昇格ミラクル

なつぞら ミニタオル

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百二十話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

子どもができたというのになぜかどよーんとして浮かない表情のなつ…、しかし旦那の一久に励まされてやっと素直に子どもを宿したことを喜ぶのでした。

あくる日、なつはテレビ班の仕事を抜け出し、作画課の下山と神地を呼び出し、妊娠のことを伝えるのでした。

なつ

「…会社にはこれから言うつもりだから。仕事を辞めるつもりはないから、それを言うつもり。私はたとえ契約になっても仕事を続けるつもりだから、それを二人に先に言っておこうと思って。イッキュウさんもたとえ契約になっても続けていいと言ってくれてるから。」

神地

「よし。一人で言いに行くことはないよ。みんなに話そう!」

神地はそのままスクッと立ち上がって、作画課の仲を呼び大声で…

神地

「仲さん、なっちゃんが、できたそうです。」

「うん?…魔法少女アニー?」

神地

「アニーのことじゃありません。」

なつ(うっかり自分から口を割ってしまう)

「子どもです!…あの…子どもが…できたんです。」

「赤ちゃん?…赤ちゃんか!?…それは、おめでとう、なっちゃん!」

下山(大声を張り上げる)

「お~い!みんな!なっちゃんに、赤ちゃんができたぞ!おめでとう!!」

…みんなは拍手喝さいをしたり万歳をしながらなつの近くにやってきます。

神地(みんなに向かって)

「それで、なっちゃんは仕事をやめるわけにはいかないんです。アニメーターを続けたいんです!イッキュウさんはいまだ、定職についていませんから大変なんですよ。」

「そうか。なっちゃんは、辞める気はないんだよね。」

神地

「なっちゃんは、たとえ契約になってもいいと言っています。」

下山

「うちの奥さんの場合は、それでやめましたけど、なっちゃんの場合はしかたなく契約でいいと言っているんです。」

神地

「それでいいんですか!?仲さんは。」

井戸原

「おいおいおいおい。何が言いたいんだよ?仲ちゃんに、どうしろってんだい?」

神地

「仲さんだけにどうこうしろと言っているわけじゃありません。これは、アニメーター全体の存在価値が問われているんです!なっちゃんがここまで経験を積んで、ここで習得してきた技術は、そう簡単に代わりが見つかるものではないでしょう!そのなっちゃんを社員じゃなく契約にするということは、会社が全くその価値を認めてないということです。それでいいんですか?」

神地のアジテーションは続きます。

神地

「今なっちゃんを守れるのは男でも女でもない。俺たちアニメーターの仲間しかいないんですよ。」

「よくわかったよ。なっちゃんが望むなら僕はいくらでも協力するよ。」

井戸原

「君の本心はどうなんだ?契約でいいのか?」

なつ

「イヤです。できればこのまま続けたいです。ほかの女性アニメーターにもそういう道を作りたいんです。」

「よし。それじゃ、それをみんなで言いに行こう。」

井戸原

「…どうやって交渉するんだ?」

「僕に考えがある。」

そんなわけで、なつは皆を引き連れて社長室に行くのでした。

社長はなつの背後からゾロゾロ社員たちが社長室になだれ込んでくるのを見てびっくりしています。

山川社長

「ちょ…おい…。何なんだ君たちは、一体?」

「山川社長、作画課の奥原なつよりご報告があります。」

なつ

「私はこの度、その…、子どもができました。」

山川社長

「それは…、おめでとうございます。分かりました。産休を取りたいということですね?」

神地

「それだけじゃないんです!その産休後に、契約に切り替えろなどと言わないんでもらいたいんです!」

なつ

「どうか、お願いします!」

山川社長

「君は何なんだ?これは一体どういうつもりですか?ほかの人を巻き込んで、まるで組合のデモじゃないですか!」

「そう思っていただいても、差し支えありません。」

山川社長

「仲さん、井戸原さん、あなたたちまでいつから組合員になったんですか?」

井戸原

「我々アニメーターは、結束の固さを信条に仕事をしております。これは、組合を超えた我々一人一人、個人的な支援とお考えいただいて結構です。」

「我々は一アニメーターとして、奥原さんの意志を尊重したいと思います。奥原なつを契約にするなら、我々全員を契約にしてください。」

一同(口々に)

「お願いします!」

山川社長

「おい…ちょっと待ってくれ!契約というのは何も意地悪で持ちかけてるわけじゃないんだ。働きやすいと思って、提案しているだけなんだよ。」

なつ

「出勤時間が自由になるからですか?」

山川社長

「そうです!赤ちゃんがいれば、どうしたって長くは働けなくなる。以前と同じ責任を背負えば、どうしたって周りに迷惑がかかるでしょ。それこそ、結束を乱すことになるでしょ。だから、契約にすれば、自由に時間を使って働けて、その方が楽でしょ!」

なつ

「私は楽がしたいわけじゃありません。お金が欲しいわけでもありません。仕事でもっともっと成長していきたいんです。いい作品を作りたいんです。どうしてそれが、子どもができるとできないんでしょうか?今までは当たり前だと思っていたことを、会社から望まれなくなることが一番苦しいんです!」

山川社長

「現実問題として、望んでも、期待には応えられないでしょう。ここまできたらハッキリ言うけど、君には次の作品で作画監督になってもらうつもりだったんだよ。」

「テレビで作監を?」

山川社長

「そう…。作画全体の責任を持ってもらい、演出に近い責任を担うことになる。奥原さんはその作画監督に、女性としては初めて抜擢する予定だったんだ。だから妊娠の話を聞いたときは、正直がっかりしたんだよ。いや、おめでたい話だからね、がっかりと言っちゃ失礼だけど。」

なつ

「やらせてください!是非、やらせてください!」

井戸原

「激務だよ、作画監督は。」

下山

「本当に大丈夫、なっちゃん?」

なつ

「はい。大丈夫です。やります。やってみせます!」

山川社長

「子どもを産んでも、できるというんだね?」

なつ

「はい。できます!」

山川社長

「よしわかった!それなら君の意志を尊重しよう。引き続き社員として頑張ってくれたまえ。」

神地

「やった!」

井戸原

「よ~し、頑張れ!」

(一同拍手)パチパチパチ

なつはその後すぐに自宅にいる一久に電話で報告するのでした。

なつ

「会社に話したんだわ。今まで通り産休明けも働けるようになったから。」

一久

「そうか…、それはすごいな。すごいことをやったな。」

なつ

「私じゃなくてみんなが…。みんなが私の背中を押してくれて。」

電話の後、なつはお腹に手を当て「母さん頑張るぞ」と言うのでした。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (120)「なつよ、笑って母になれ」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
下山克己: 川島明
神地航也: 染谷将太
仲努: 井浦新
井戸原昇: 小手信也
山川周三郎: 古屋隆太
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の新居に茜(渡辺麻友)と下山(川島明)、神地(染谷将太)が訪ねてきた。聞けば、東洋動画の社長・山川(古屋隆太)が妊婦である茜に対し、産後は契約社員として働いてもらいたいと言ってきたのだと言う。神地は、そんな会社のやり方に対してどうしても納得がいかず、憤る気持ちをなつたちにぶつける。そんなある日、なつは仕事中に貧血を起こし倒れてしまう。用心のため病院にいくと…。

【感想】

なつは産休明けも正職のまま、しかも作画監督にも昇格してしまうという、とんとん拍子を超えたあまりにもミラクルすぎる出世物語が展開されていますね。

新入女子社員には「子どもができたら即退職」という念書までわざわざ書かせている会社の社長が…、しかも直前まで「なつがどんなに正規残留を望んでも、まずその期待には会社としては応えられない」とまで言い切っていた社長が、出産や子育ても経験したことのないなつの安直なお願い発言を受けて、いとも簡単に、しかもその場で即決で会社の方針を翻してしまうなんて、なんとも理解に苦しみますなぁ…そんな経営者がいたらすぐに会社が潰れそう…(>_<)

それまで産休明けに泣く泣く契約に格下げされた人や、茜みたいにやむなく退職に追い込まれた人たちが、なつだけわがままを聞いてもらえて即決で産休明けは正規続行となり、しかも格上げまでしてもらったなんてことを聞いたらどう思うでしょうか?茜の旦那の下山はなんとも思わなかったのでしょうか?

まあしかし、なつだけは特別扱いされているという事実はあるにせよ、東洋動画社のこれからの女子社員の産休後の正規残留の前例を築き上げたことには変わりがないので、そこは評価しなくてはならないかもしれないですね。

しかしアレですね、全員が全員、仕事をほっぽり投げてなつのためにみんなで社長室に直談判なんて、なんだかな~という感じもしました。…そう言えば、この構図はどこかで見たことがあると思ったら、北海道で農協が工場を造る時に地元の酪農家たちがみんなで官公庁に乗り込んで直談判した時とほとんど同じですね。

仲は「僕に考えがある」って言ってましたが、どの辺が仲の考えだったのかは全然わかりませんでした。(わかりました?)

山川社長を見ていて、大杉社長はどうなったんだっけと思っていたのですが、お正月の新年会に社長職は退いて会長になるって言ってましたね。つまり山川が後任の社長ってわけですね。

来週は麻子リターンと、なつの出産があるようですね…(^_^;)ハハーン

それではまた次回!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク