190418natuzora134

 

スポンサーリンク

【なつぞら134】畑に一人、静かに旅立っていった孤高の画家・天陽

連続テレビ小説なつぞら コンプリートファンブック

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百三十四話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

最愛の妻・靖枝が傍で寝ているアトリエで、徹夜で作業して馬の絵を完成させた天陽…、しかし病院を抜け出してきたばかりの天陽の身体に徹夜での作業はあまりにもダメージが大きく、天陽の表情には達成感を凌駕するほどの疲労感がにじみ出ています。

病院にすぐ戻るべきと心配する靖枝の心配をよそに、天陽は疲れ切った顔で畑を見に行くのでした。

天陽

「(病院に)戻る前に畑を見てくる。来週、退院するころには芋ほりだろ。様子を見てくる。…(自分も一緒に行くという靖枝に向かい)…靖枝はいいから。もうじき親父が搾乳にくる。それから…おふくろと子どもたちをよろしく頼む。…ちょっと行ってくるだけだから。すぐ戻る。」

天陽は力なく畑を歩き、これまで自分を育ててくれ、苦楽を共にしてきた畑と今生の別れを告げるかのように愛情を込めたまなざしを一面の畑に投げかけるのでした。

天陽(畑の土を手に取り…)

「あったかいな…」

そう言ったかと思うと、天陽はゆっくり立ち上がって宙をしばらく見つめてから、被っていた麦わら帽子を放り投げ、…それから意識が薄れていき…、畑に優しく倒れ込み最期の時を迎えるのでした。

そんなこともつゆ知らず仕事にせっせと精を出しているなつのところに、天陽の兄で東洋動画の社員でもある陽平がやってきて事実を伝えるのでした。

陽平

「なっちゃん、落ち着いて聞いてくれるか。…天陽が、しんだんだ。今朝早くに亡くなったって。僕もまだ信じられないんだけど…どうも、嘘じゃないみたいだ。」

なつ(陽平の言葉がすぐには呑み込めずキョトンとする)

「…何を言ってるんですか?………?」

なつがまとまった夏休みをとれたのは9月に入ってからのことでした。

雨の降る中、故郷の柴田牧場を娘の優をつれて里帰りするなつ。

柴田家の皆はもちろんなつと優の顔を見て大喜びです。

泰樹は優を膝に乗せてご満悦です。

なつ(天陽のことを切り出す)

「…じいちゃん、照夫兄ちゃん…私…。忙しいのもあったけど…、びっくりしすぎて、本当になるのが怖くてすぐに来られんかったわ。」

照夫

「お葬式は立派なもんだった。新聞社とかテレビ局も来てたな。」

泰樹

「なつ…。まあ、ゆっくりして、それから会いに行けばいいべ。」

なつと優は最新の搾乳機械が入った牛舎をのぞいてから、泰樹に馬を見せてもらうことにするのでした。

なつ

「じいちゃん、優が馬に乗りたいっていってんの。」

泰樹

「優…。馬、乗りたかったか?」

「うん!」

泰樹

「いや~、そりゃちょっと残念だったなぁ。馬はもう売ってしもうた。」

この頃までには、農業に馬を使っている農家の数は減少の一途をたどり、ほとんどの農家は車やトラクターを使っているようでした。

なつ

「…したら、天陽君の家にも馬はもういないの?」

泰樹

「去年、しんだ…。あの馬だ、なつ、天陽の家の畑を開墾した年に来た…。25年以上、よく長生きした。今頃はまた…、天陽と会ってるべ。」

お昼になり、優は柴田家のアイドルっぷりを見せつけています。

照夫の子どもたちも大きくなっているようでした。

優を寝かしつけた後、なつは富士子に話しかけます。

なつ

「母さん、私、このまま今の仕事を辞めるかもしれない。」

富士子

「ええっ!なして?」

なつ

「自分が何をしたいのか分からなくなって…。お金のことを考えなければ、今は優といられる時間を一番に大切にしたいと思うようになって。」

富士子

「…そう。それがなつの出した答えなら、そうすればいいしょ。」

なつ

「少し…疲れてしまった…。」

次の日、なつたちは天陽の家を訪れ、位牌に手を合わせます。

なつ(天陽の家族に挨拶してから)

「すいません…。アトリエを見てもいいでしょうか?」

許可をもらったなつは優を連れて天陽のアトリエに行きます。

「あっ…ママ、本物だ。本物のお馬さんがいるよ。」

優は天陽の最後の作品の馬の絵を見てそのように言うのでした。

なつは天陽を失ったことによる悲痛の感情に打ちのめされているようでした。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (134)「なつよ、天陽くんにさよならを」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
柴田泰樹: 草刈正雄
柴田富士子: 松嶋菜々子
柴田剛男: 藤木直人
柴田照夫: 清原翔
山田天陽: 吉沢亮
山田靖枝: 大原櫻子
山田陽平: 犬養貴丈
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

病院を抜け出してきた天陽(吉沢亮)は、アトリエに籠もり、徹夜で描き続けて一枚の絵を完成させる。天陽は、一晩中寄り添っていた靖枝(大原櫻子)を起こし、絵が出来たことを伝えると、病院に戻る前に畑を見てくると言い残して、アトリエを後にする。夏が終わるころ、遅めの夏休みをとったなつ(広瀬すず)は娘の優を連れて十勝にやってきた。久しぶりの里帰りに富士子(松嶋菜々子)は温かく迎えてくれるが…。

【感想】

天陽は翌週退院できるところまで回復していたのに、ここで無理をしてしまったがために寿命を縮めてしまったのでしょうか?

それとも、退院できると言ってもほとんど余命があるとはいえない状態で、命の灯がふっと消える瞬間までは時間の問題だったのでしょうか?

天陽がどのような病と闘っていたのか、どんな状態にあったのかドラマの中では明かされることはありませんでした。

どちらにしても、自分を最後まで貫いて最後の仕事も完成させ、最愛の奥さんにも今生の別れを告げ、自分で選んだ、だれにも頼ることのない、そして誰にも邪魔されることのない旅立ちを実現した孤高の画家の人生は、たとえ長生きはできなかったにしても、素晴らしいものだったと思うし、自分にとって満足のいく、幸せなものだったことでしょう。

優はなつのふるさとの柴田牧場ではもう馬に乗れなくなってしまい残念でしたが、まあ、そこはそれ、北海道には馬の牧場なんて、それこそいっぱいあるでしょうから、そういうところでたっぷり馬に乗って遊んできてほしいですね。

天陽の兄・陽平は、なつが里帰りしたときに合わせて山田家に里帰りしていたのでしょうか?(ちょっと不思議。)

「私だけは仲さんたちを裏切ることはできない」と言っていたなつですが、もうそんな気持ちはどこにもなくなってしまったようですね。

なつがマコプロに入る日も近そうですが、東洋動画だって今まで毎年入社試験を実施しているのだから、全くの新人で凄い才能の持ち主が現れて…なんて展開になったら面白そうですが、残された期間を考えるとそりゃないでしょうね…(^_^;)

それではまた次回!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク