190418natuzora138

 

スポンサーリンク

【なつぞら138】なつ辞表提出「これは純粋に、私のわがままです」


連続テレビ小説 なつぞら Part2 (NHKドラマ・ガイド) [ 大森 寿美男 ]

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百三十八話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

なつは北海道から帰ると、一久から「大草原の小さな家」の企画書を渡されるのでした。

一久

「北海道を舞台にしてその物語を創ってみたいんだ。」

物語「大草原の小さな家」はあくまで原案にとどめたオリジナル・ストーリーにしたいという一久。

なつ

「北海道の開拓者の家族の話にするってこと?だから…私にやってほしかったの?」

一久

「というより、僕も柴田家の家族に影響を受けているんだと思う。柴田家だけじゃなく、天陽君や、十勝の人々に…。この日本にもささやかな日常を一生懸命に生きている開拓者たちがいることを、その作品を通して描きたいんだ。リアルに、もちろん、アニメーションにしかできない表現で。それをできるアニメーターは誰かと考えたら…、君しかいないだろ。」

なつ

「本当にそんな企画通るの?」

一久

「マコさんは賛成してくれた。必ず企画を通すって。ただしマコさんの条件も、君が作画監督を引き受けてくれるならということだ。」

なつ

「作画監督を?」

一久

「下山さんも神っちも、それならこの作品に協力したいと言ってくれたよ。」

なつ

「下山さんも神っちもいるのに、私が作監をやるの?」

一久

「君にやる気があればの話だけどね。」

なつ

「分かった。イッキュウさんが演出をしてくれるなら是非やってみたい。…やりたい。」

一久(天陽の包装紙の絵を取り上げ)

「この絵を…、君が受け継ぐんだ。」

このようにして、なつは東洋動画を辞めて、マコプロに移籍する決心を決めたようでした。

翌日、早速なつは昼休みに仲を呼び出します。

仲(呼び出されたのに黙っているなつにイライラしてきて)

「いったいどうしたの?話したいことがあるんでしょ?…言ってごらんよ。」

なつ

「はい。実は…辞めたいんです。この会社を辞めようと思ってます。」

仲(口をあんぐりしながら…)

「それは、アニメーターをということ?」

なつ

「違います。この仕事は続けたいと思ってます。アニメーターはやめません。」

「うん。つまりほかでやりたいということか。」

なつ

「はい。そういうことです。」

「そうか…君もか。」

なつ

「申し訳ありません。」

「どうして謝るの?」

なつ

「私は仲さんのおかげで…、皆さんにも力になってもらって、この会社で仕事を続けることができました。それを裏切ることになります。」

「なっちゃんは、それを裏切りだと思ってるの?この会社を裏切りたいとか、僕たちを裏切りたいと思ってる?」

なつ

「そんなことは思ってません。」

「だったら、その選択は裏切りじゃないよね。」

なつ

「仲さん…。」

「マコちゃんのところに行くのか?」

なつ

「はい。どうしてもやってみたい企画があって。」

「そう…うん。それでいいと思うよ。アニメーターはもう一つの会社にこだわっている時じゃない。それより一つの作品にこだわるべきだろう。」

なつ

「はい。…私、仲さんの弟子でよかったです。」

「弟子?」

なつ

「はい。自分で自分の道を決めるしかなくなっても、弟子は弟子ですから。これからも、一生そのつもりです。」

「弟子か…。弟子なら話が違ってくるな。それはやっぱり裏切りだよ。………冗談だ。」

なつ

「はあ…、仲さんには一番冗談が似合わないんですから。冗談をいう時は冗談だという雰囲気を出してもらわないと、誰も笑いませんよ!」

なつは目を吊り上げて仲に小言じみたことを言いだすのでした。

仲(なつに怒られ、おどおどした態度になり)

「あ…そうか!?いや…、今まで生きてきて気づかなかったな。うん…、今度からそうしてみよう。」

仲に意思表明した後は、直々に社長室まで言って辞表を叩きつけるなつ…

なつ

「これは純粋に…、私のワガママです。どうかお許しください。」

社長は黙ったまま、苦虫をかみつぶしたような悲しそうな表情をしながら顔を背けるのでした。

辞表を提出後、職場に戻って何事もなかったかのように絵を描くなつですが、後付けで話を聞いた制作部長がなつの下に駆け込んで来ます。

部長(取り乱した表情で)

「奥原さん!社長に退職願を出したんですって?そういうことは私を通してくれないと…いや困るよ!本当に困るよ。君は大事な戦力んだから!『魔界の番長』だって大変好調なんだよ!…この番組は最後までやってくれるんだよね?」

なつ

「はい。そのつもりです。」

部長

「なんたって君は主要なキャラクターを作り出したメインの作画監督何だから!!」

とそこへ堀内がしゃしゃり出てきます。

堀内

「あ、あの、私が作画監督をやってはいけないでしょうか?」

部長

「奥原さんの代わりに?」

堀内

「代わりはできませんけど、たとえ奥原さんが抜けたとしても、その穴を埋めることはできるかと思います。」

なつ

「堀内さんなら絶対にできます。」

で、結局なつは当面の間は「魔界番長」の作画監督を続け、作品のテレビ放映が終わるかどうかはわかりませんが翌年をめどに東洋動画を退社してマコプロに移籍することにしたようでした。

部長は、なつの辞表騒動や、堀内の作画監督の代打申し出も依然として気に入らないようでしたが、とりあえず諦めて部屋を出て行くのでした。

堀内や周りの社員たちは子育てが大変だからなつが辞表を提出したのかと思っていたらしく、途中までは和やかなムードでしたが、なつがマコプロに移籍することを言うと、一瞬にして空気が凍りつくのでした。

会社の帰り、風車プロダクションに優を迎えに行って、咲太郎と光子にも事情を説明するなつ。

なつ(自信たっぷりに)

「また、新しいことに挑戦することにした。」

咲太郎

「北海道で、そう決めたのか?」

なつ

「うん。優とそう決めたの。」

家への帰り道、なつは優に話しかけます。

なつ

「優、ママはずっとお仕事するからね。優にはこれからも寂しい思いをさせちゃうかもしれないけど、これからも絵を動かしていくからね。」

「うん。いいよ。ママ大好き。」

なつ

「ママも憂ちゃん大好き。」

「でも、番長は嫌い。」

なつ

「えへへ…番長もいいやつだよ。…行こ。」

なつは翌年の3月で東洋動画を退職するのでした。(その時点で「魔界番長」が放映終了したかどうかは明かされませんでした。)

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (138)「なつよ、天陽くんにさよならを」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
坂場優: 増田光桜
山川周三郎: 古屋隆太
堀内幸正: 田村健太郎
大沢麻子: 貫地谷しほり
仲努: 井浦新
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

十勝に帰省中のなつ(広瀬すず)から、新しい企画に参加したいと言われた坂場(中川大志)は、なつたちが帰ってくる前に企画書を書き上げる。舞台は北海道、ささやかな日常を懸命に生きる開拓者たちの話だという。マコプロに企画を提出すると、麻子(貫地谷しほり)は、なつが作画監督ならば、企画を進めると坂場に告げるのだった。一方、なつは、これまで育ててもらった仲(井浦新)に、東洋動画を辞めたいと告げるのと…。

【感想】

うーむ、相変わらずとんとん拍子としか言いようのない展開になってますね…(^_^;)

そこまで皆に大事にされもてはやされると、それが慣れっこになって、むしろそれが当然というような表情をしているようにも見えてしまうなつです。

…なつがいつか言っていた、「可愛がられるのに慣れている」とはそういうことなのかなぁ。

上司の仲に退社の意向を伝え、仲がハートの大きさを見せてそれを認め、場を和まそうとして冗談を言ってあげたのに、逆ギレして小言を言うなんて、なつはひどいな女だな~と思いきや、それは彼女流のきつい冗談返しだったようですね。

そして社長室に直々に出向いて、辞表を突きつけて「これは純粋に、私のワガママです。どうかお許しください。」ときたもんだ…。

それは、まあ見る人が見れば、カッコイイということになるのかもしれませんが、ほかの見方からすれば、単に自分に酔いしれているだけの愚行とも取れなくもないかもしれません。(どう思います?)

社長は苦虫を噛み潰したような何とも言えない表情を浮かべていましたが、どう思ったんでしょうかね。

そして話を聞いていない制作部長が泡を食って怒鳴り込んできます。(そりゃ、そうでしょう。)

なつは部長に、すでに放映が始まっている「魔界の番長」の仕事は最後までやってくれるんだろうな?と聞かれると、「はい。そのつもりです」と答えていましたが、堀内が、助け舟的に、作画監督の代打を申し出ると、これ幸いとばかりに「堀内さんなら絶対できると思います!」と一刻でも「魔界の番長」から離れたい本音を暴露するのでした。

うーむ、そこはキッチリ自分の仕事の責任を最後まで果たしてほしいものですね!

まあ、堀内にとっては出世の大チャンス到来ということでしょうけど…。

大切な恩人の一人、井戸原は今回出てきません、なつは挨拶しなくていいのかしら?

東洋動画では、なつは周りの人から相当な恩恵を受けていた…というか、ほとんど恩恵受けっぱなしだったようにも思いますが、マコプロでもきっと同じように恩恵受けっぱなしなんでしょうね。

いつもアゲアゲ部隊がいて、とんとん拍子にいい事ばかりが起きるなつですが…

それでいて、なつがいつも暗い感じなのは、大人の女性の感じを出すために、落ち着いた感じにしようとしているのかな~とも思いますが、その演出はなんだかうまくはまっていない気もします。

このドラマもあと少しになってきましたね。

来週はマコプロに移籍後の話になるようですね。

それではまた!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク