190418natuzora139

 

スポンサーリンク

【なつぞら139】バイバイ東洋動画!ハローマコプロ!北海道ロケ

連続テレビ小説「なつぞら」LAST PHOTO BOOK (TVガイドMOOK)

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百三十九話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

昭和39年3月、なつが18年間勤めた東洋動画を退職する日がやってきていました。

臨時社員で入社した18年前と比べて、体形といい、肌つやといい、ほとんど変わっていないなつ…

これまでアゲアゲ部隊を務めてきた社員たちは、みんななつの周りに集まってきて、なつが挨拶するより先に深々とお辞儀をして声をそろえて「お世話になりました~!」と挨拶するのでした…(^_^;)ナンカヘン!

テレビ班にいた、大阪弁でまくしたてるなつの上司の荒井という男は、アゲアゲ部隊共とは別に、彼自身も定年退職ということでなつに冗談交じりの挨拶をするのでした。

その後、なつは社長室で待ち受ける、制作部長の佐藤、仲、井戸原そして社長に退社の挨拶をするのでした。

佐藤

「あなたの退社はわが社にとっては、大変な痛手です。ただ、私の貴方に対する敬意は変わることはありません。…(組手)…お見事!」

佐藤は相変わらず単純サッパリ野郎な感じですが、最後になつをアゲアゲすることは忘れていなかったようです。(最後に握手すると見せかけて、キックボクシングのアクションつき…なんのこっちゃ)

井戸原

「なっちゃん、これだけは忘れないでもらいたい。奥原なつは、我々と同じ東洋動画のアニメーターであるということを。」

「なっちゃん…、君をこの世界へ誘ってよかったんだよね?」

なつ

「仲さんと出会えなかったら、私は、私になれませんでした。」

社長(悲しそうな顔をして)

「奥原なつさん、多大なるご貢献に、心より感謝いたします。」

なつ(口元に笑みを浮かべながら…)

「こちらこそ…。御恩は一生忘れません。」

社長室を出た後、再び作業場の風景を眺めながら、これまでの18年間を振り返り、なんとなくフフッと笑みを浮かべながら格好つけて、なつは会社を後にするのでした。

優を迎えにいってから家に帰ると、一久がごちそうを作って待っています。

一久

「長い間、ごくろうさまでした。」

「ごくろうさまでした。」

なつ

「ありがとう。」

一久

「それじゃ、乾杯!」

なつ

「はぁ~、幸せな日だった。」

一久

「君はちゃんと作品を成功させて終わったからな。」

なつ

「いや。そういうことじゃないと思う。」

一久(また始まった…という顔をする)

「…」

なつ

「あなたと作った作品だってあの会社に残ってるでしょ。わたしにとってどれだけあの会社に入れて幸せだったかってことを、みんなが感じてくれたんだと思う。」

一久

「みんな、自分のことのように君を送り出してくれたってわけか。」

なつ

「うん。そうかもしれない。」

「ママ、幸せなの?」

なつ

「うん。ママ、とっても幸せだよ。」

「優ちゃんも幸せ。パパは?」

一久

「パパは…優ちゃんとママが幸せならそれで幸せだよ。」

「自分の幸せは自分で決めなさい!」

なつ

「アハハハ」

一久

「どこで覚えてくるんだ、そういうこと?」

さて、マコプロに入社して昔の仲間たちと再会したなつは、早速、新しい仕事「大草原の少女ソラ」に取りかかります。

企画会議で、一久がまずこの作品の概要を説明します。

一久

「それでは企画を説明していきたいと思います。…タイトルは、『大草原の少女ソラ』でいきたいと思います。ソラは主人公の名前です。原案通り、開拓者一家の娘の目を通して物語を描きます。…名前に関しては純和風でないほうがいいだろう。…時代は大体、大正から昭和にかけて。舞台は日本の北海道でも、作品自体はどこの国で見られてもリアリティーを感じてもらえるような開拓者の家族の日常を描きたいと思っています。」

麻子

「テレビ局にもスポンサーにもそう説明してある。やるならスポンサーは一社提供で、その会社名の冠がついたミルコスまんが広場しかないと思ってた。」

一久

「日曜日の夜、ゴールデンタイムです。」

麻子

「ミルコスの社長が北海道の開拓者の生まれなの。それが決め手となってテレビ局も説得することもできた。そしてこれは関東プロダクションを通さないマコプロが独自に製作するテレビ漫画の第一作目となります。」

なつ

「企画も政策もマコプロダクションですか?」

麻子

「そういうこと。だから、内容を自分で自由に決められる分、絶対に失敗はできないの。放送は半年後、10月から9か月を予定しています。視聴率が悪ければ打ち切られることもあるけど…。いいわね。必ずいい作品にしましょう!」

一同

「はい!」

一久

「演出は全て私がやります。僕だけじゃない。ここにいるメインスタッフは、最後まで変わらずに一つの作品を創り上げたいんです。とことん、自分の世界を突き詰めてもらいたい。奥原なつには全てのキャラクターデザイン、作画監督を委ねたい。一人ですべてのカットに責任を持ってもらいます。」

なつ(うれしそうに)

「わかりました。よろしくお願いします。」

一久は、こんな調子でメンバー一人一人の役割を発表していきます。

美術監督としては新たに、東洋動画から引き抜いた天陽の兄・陽平が担当するようでした。

企画会議に遅ればせながら顔を出した陽平が、アニメーションの背景となるような北海道のスケッチをみんなに見せると、皆は大絶賛するのでした。。

一久

「それじゃ、北海道にロケハンに行きましょう。この風景をアニメーターも実際に見るべきです。」

一久は北海道ロケを行う、と発表しますが、さすがに予算の裏付けのない計画には社長の麻子がいい顔をしません。

なつ

「あ…十勝なら、交通費だけでなんとかなるかもしれません。」

というわけで、一行は開拓者家族の暮らしを取材するため十勝にやって来るのでした。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (139)「なつよ、この十勝をアニメに」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
坂場優: 増田光桜
大沢麻子: 貫地谷しほり
仲努: 井浦新
井戸原昇: 小手信也
山川周三郎: 古屋隆太
森田桃代: 伊原六花
山田陽平: 犬養貴丈
神地航也: 染谷将太
下山克己: 川島明
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

なつ(広瀬すず)が東洋動画を辞める日。なつは、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、堀内(田村健太郎)たちと挨拶を交わし、これまで仲間とともに試行錯誤してきた日々を思い出す。アニメーターに拍手で見送られる中、なつは18年間勤めてきた東洋動画を去るのだった。そして、いよいよマコプロに入社したなつ。麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)や神地(染谷将太)たちと、満を持して新しい企画に挑戦するのだった…!

【感想】

はいはい。マコプロでもとんとん拍子に話が進むなつですね(^_^;)

マコプロは麻子の営業力がすごいのか、「三代目カポネ」を手掛けて成功したのかどうかもわかりませんが、さしたる実績も残していないのにもかかわらず、ほかのメジャーなアニメーション会社をさしおいて、テレビ局もスポンサーもゲットしてちゃうのでした。しかも今回の作品の放映は日曜日のゴールデンタイムです。

ここまでくると、リアリティーは完全に崩壊して、ほとんどファンタジーの世界ですね。あ、前からそうか…(^_^;)

陽平がまたここで出てきたのにはちょっとびっくりですが、まあ北海道でまた天陽の話も出てくるでしょうから、その時のためにいた方がいいのでしょかね。

で、また今週は北海道でのお話がしばらく続くことになりそうですね。

それではまた!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク