190418natuzora143

 

スポンサーリンク

【なつぞら143】あれよという間に「大草原の少女ソラ」放映開始!


連続テレビ小説「なつぞら」LAST PHOTO BOOK (TVガイドMOOK)

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百四十三話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

マコプロでは、なつと一久を中心にテレビ漫画「大草原の少女ソラ」の制作がどんどん進行しています。

相変わらず優は保育園が終わってからはマコプロに連れてこられ、なつや一久以外の誰かが面倒を見ることになっているようでした。

マコプロの仕事場には、切羽詰まったような殺伐とした空気は一切なく、どちらかというと大学生のサークル活動とか、陽気なピクニック的な雰囲気が流れています。

…誰一人として締め切りに追われてあくせくしている人はおらず、麻子がスパゲッティを作ると、長いこと皆でワイワイやっています。

しかしながら仕事は順調に進み、一久のアイディアで声優のオーディションなども開かれています。

もちろん、お約束的にというか、主人公ソラ以外の、物語の主要な役どころは、例えば、レイ役はレミ子、お母さん役は蘭子、お父さん役はコンビ芸人の片割れ…といったように、ほとんどすべて咲太郎の風車プロダクション勢が占めるのでした。

主人公ソラ役には、風車プロダクション所属の声優ではないですが、咲太郎が、「この人なら」と見込んで連れてきた女性が選ばれるのでした。

このかん高い声の女性は声優初挑戦の若手女優で、白本知香子という名前です。

なつ(オーディションでその女性の声を聞いて)

「…ソラの声を聞いた気がした。」

咲太郎

「だろ?俺は台本呼んだ時からもう彼女の声しかないと思ったんだよ。」

なつ

「でもいいの?お兄ちゃんの事務所に所属してる人じゃないんでしょ?」

咲太郎

「そんな小さいこと言うなよ。俺たちの仕事は自分の利益を求めることだけじゃないんだ。俺たちの仕事はなつたちと同じように作品をよくすることを一番に考えることなんだよ。」

光子

「それが結局、信用を生むのよ。咲ちゃんはそれをやって来た人だから、今があるの。」

なつ

「お兄ちゃん、さすが。」

咲太郎

「今頃言うなよ…ハハハ」

さてさて、一回目の放送日も刻一刻と迫ってきていますが、それでも相変わらずマコプロの作業場は殺伐とした空気は流れていないようです。

なつは子どもから見た迫力のある牛の描き方をなつが神地にレクチャーするなど、作画監督ぶりを麻子に褒められたりもしています。

下山も神地に負けまいと絵を描いては、なつに見せています。

下山や神地が描くシーンの一つ一つになつや一久、麻子は「面白い!」と感嘆の声を上げ、マコプロのアニメ制作現場はそれこそ順風満帆というか、面白おかしく、とんとん拍子に事が運んでいるようでした…(^_^;)フーン

…なつは作画監督という立場もありますが、自分以上に有能かもしれない神地や下山から十分すぎるほど慕われて、まさにご満悦の表情を浮かべています。

しかし作業がどんどん積み重なってくると、個々のメンバーの余裕も徐々になくなり、マコプロは連日連夜ほぼ休みなくフル稼働状態になっていくのでした。

一久や麻子はそのまま徹夜で会社に泊まり込み作業をすることもしばしばあったようです。

なつは優を連れて帰らなくてはならないので、家に帰ってから深夜まで原画の直しをしているようでした。

ソラとレイの対話の場面の原画の直しをしながら、なつはいつの間にか泰樹のことに思いを馳せるのでした。

なつ(…心の声)

「じいちゃん、誰もが支え合って開拓者は強くなったんだよね…。」

「大草原の少女ソラ」の主題歌を担当するのは煙カスミになったようです。

その昔、「風車」で飲めや歌えやの乱痴気騒ぎをした時のカスミの歌声を麻子も一久も覚えており、それで主題歌をカスミにお願いすることにしたようです。

そんなこんなで昭和49年10月、遂に初放送の日がやってきます。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (143)「なつよ、この十勝をアニメに」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
坂場優: 増田光桜
奥原咲太郎: 岡田将生
奥原光子: 比嘉愛未
大沢麻子: 貫地谷しほり
森田桃代: 伊原六花
山田陽平: 犬養貴丈
神地航也: 染谷将太
下山克己: 川島明
煙カスミ: 戸田恵子
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

マコプロダクションでは連日、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)を中心に「大草原の少女ソラ」の制作が進んでいく。時に、泰樹(草刈正雄)の姿を想像しながら原画を描き続け、忙しいながらも充実した日々を過ごすなつ。そんな中、声優のオーディションが行われ、咲太郎(岡田将生)の事務所に所属する蘭子(鈴木杏樹)やレミ子(藤本沙紀)の配役が決まっていく。そして、ついに放送日がやってきて…。

【感想】

テレビ漫画「大草原の少女ソラ」の第一回放映日がもうやってきちゃいましたね。

月曜日に十勝に取材に行って、一週間もたたないうちにもう放映出来ちゃうところまでくるという、ものすごいスピード感というか、悪く言えば、端折り感というか…(^_^;)イヤハヤ

まあドラマの残り時間を考えるとそんなものなんでしょうけど。欲を言えば、この「大草原の少女ソラ」の制作にこそ、もっと時間を割いて、いろいろなエピソードを登場させるなど、ドラマの重厚感を滲み出させる仕組みが欲しかったところですね!

主人公ソラの声優を務める白本知香子という女性は、これからもしかしたらドラマ本筋になにかしら絡んでくるかな~とか思わせるような登場の仕方でしたが、ドラマに残された時間を考えると、今回はただの女優さんの顔見せでしょうね。

あと、レミ子はこのドラマの中ではさして重要な役どころではないと言えそうですが、その割には結構登場回数が多いような気がします。

ヘンゼルに引き続き、今回も主要登場人物レイの声優に抜擢されていましたし、素質のある声優さんとして描かれていますね。

制作側と何かコネクションを持っていて、このドラマで密かにキャンペーン中なのかもしれません。

今後の展開としては、皆さんが予想するように、「大草原の少女ソラ」は大成功に終わり、なつはアニメーターとして一つの頂点に登り詰め、最後は、千遥と涙の再会を果たすという展開になりそうですね。

それではまた!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク