190418natuzora153

 

スポンサーリンク

【なつぞら153】すべての開拓者に乾杯!「大草原の少女ソラ」完結


連続テレビ小説 なつぞら 完全版 Blu-ray BOX2【Blu-ray】 [ 広瀬すず ]

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百五十三話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

お茶の間では「大草原の少女ソラ」の最終回が放映されています。

(…獣医師になったレイが、ソラに会いに牧場に戻ってきてハッピーエンドとなる)

「ソラ」の放映が無事終了すると、マコプロでは打ち上げパーティが催されるのでした。

打ち上げには、番組スポンサー・ミルコスの社長・松武(大泉洋)も来ています。

ミルコス社長は、マコプロ一同にお礼を述べ、自分の祖父が明治の北海道の開拓者だったことなどを話し(「ソラ」は一応、開拓者の話になっている)、それからマコプロに次回作品も政策を依頼したことなどを発表するのでした。

開拓者と聞いてなつは目をキラキラさせるのでした(^_^;)ハハーン

それから、マコプロ社長の麻子が挨拶をします。

麻子

「…本当に、多くの方々のおかげで、この作品は最後まで放送を続けることができました。みんな、お疲れさまでした!」

麻子はみんなをねぎらった後、一人一人をミルコス社長のまえで紹介していきます。

まずは演出担当の一久が紹介されます。

一久(麻子に紹介され一歩前に出て挨拶をする。)

「…坂場一久です。」

ミルコス社長

「いや~坂場君、よくやってくれた。君にも開拓精神があるんだね。この作品は我がミルコスに匹敵する偉業だよ。」

一久

「いや…、開拓とは、偉業を達成することではないと思っています。自分の生活を一から作り上げることが開拓の基本だと私は思っています。そして我々が作品を作る時の基本でもあると考えます。皆さんには最後までその開拓精神を貫いて頂きました。感謝します。」

一久の後には、作画監督のなつが紹介されます。

麻子

「彼女が作画監督の奥原なつです。みんなからはなっちゃんと呼ばれています。」

ミルコス社長

「いや~あんたがなっちゃんかい!会いたかったよ。あんたも北海道の開拓者なんだべさ。」

なつ

「私は開拓者に育てられただけですが、この物語を描けたのは、身近にそういう人たちがいたからだと思います。だけど、今ここにいる、みんなと出会わなければ…、みんなと一緒じゃなかったら、この作品は絶対に生まれなかったということです。みんなに出会えた私はソラやレイよりも幸せ者です。私は、目の前にある動画用紙を耕してたに過ぎません。その力をみんなが与えてくれました。本当にありがとうございました。」

なつは、演説の内容からして最後は皆に向かって「ありがとう」のお辞儀をすべきようなところを、なぜかミルコス社長に向かってだけ、お辞儀をするのでした(^_^;)ナンカヘン

その後、乾杯の音頭をとるように麻子に振られたミルコス社長ですが…

ミルコス社長

「それでは…、と思ったのですが、やはりここはなっちゃんに任せるしかないでしょう!いやいや我が愛する北海道を代表して乾杯してください!」

と、なぜか乾杯の音頭を、プロデューサーの麻子や演出の一久ではなく、作画監督のなつに譲るのでした、それもアゲアゲな調子で…(お前もか!)

なつ

「それでは僭越ですが、すべての開拓者に乾杯!」

乾杯の後、スタッフの一人一人がちょっとずつコメントを発表し、その場を借りて神地とモモッチは結婚宣言ともとれる発表をみんなの前で行い、「ソラ」の主題歌に合わせて踊るのでした。

パーティーには、声優を作品に送り込んでいる風車プロダクション代表として咲太郎と光子も参加していて、それぞれなつにねぎらいの言葉をかけています。

打ち上げパーティーも終わり、夜の坂場家の食卓では、なつが仕事に追われている間、家の手伝いに来ていた富士子が北海道に帰る話をしています。

「おばあちゃん、明日帰っちゃうの?」

富士子

「うん。あの髭のおじいちゃんが寂しがってるからね。」

なつ

「もうすぐ夏休みだから、そしたら会いに行こう、優。」

「うん。」

富士子

「待ってるからね!」

なつ

「母さん、本当にありがとうね。」

富士子

「なつ、よく頑張ったね。あんたがちゃんと母親だったから安心して帰れるわ。これからも自信持ちなさいね、なつ。」

そして富士子が帰ったその日、なつは、咲太郎に呼ばれて千遥の店にやって来ると、そこには、あの亜矢美がいるのでした。

亜矢美は新宿御苑の近くでおでん屋を再開するようでした。

話題が千遥の料理のことになると、今ではすっかり明るくなった千遥がなつたちに「一番だし」よりもコクと風味が出る「二番だし」の話などをします。

亜矢美(二番だしを自分たちの人生にたとえはじめる)

「…まあ言って見れば、私たちみたいなもんかしら。人生の二番だし。自分の人生、一生懸命生きていく中で、コクと風味の二番出しがあるわけでしょう。でも一番だしの家族のことは決して忘れない。だってそっから来てんだから。」

なつ

「一番だしがあって、二番出しがある。だからこんなに深~いうまみがでるんですね。」

☆★_ ☆★_

そして夏休みになり、坂場家と千遥と千夏親子は北海道の柴田牧場に遊びに行きます。

なつ(柴田牧場の看板を前にして…)

「どう、千遥…、覚えてる?」

千遥

「懐かしい。…記憶の中にあるままだ。」

なつ

「行こう。」

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (153)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
坂場優: 増田光桜
柴田富士子: 松嶋菜々子
森田桃代: 伊原六花
神地航也: 染谷将
大沢麻子: 貫地谷しほり
岸川亜矢美: 山口智子
杉山千遥: 清原果耶
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

大好評のうちに「大草原の少女ソラ」の放送が終わった。マコプロでは放送後、なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)、麻子(貫地谷しほり)や神地(染谷将太)たちとスポンサーのミルコスの社長が参加し、番組の成功を祝し打ち上げパーティーを開催する。再び、マコプロに次回作をお願いされたと明かす麻子だが、マコプロメンバーの胸の中には、この作品の制作過程を思い出し、さまざまな思いが巡っていて…。

【感想】

今回は、大泉洋さんが「ソラ」のスポンサー会社の社長としてスポット的に出演していましたね。

しかし、神地という登場人物は、茜の時もそうでしたが、ああ見えて踊ることが好きなキャラクター設定なんでしょうね。

「なつぞら」では、それ以外にも、みんなでフォークダンス踊ったり、歌えや踊れやのシーンが時々出てきましたが、まあ、そういうのも楽しんで観ている人がいるなら、それはそれでいいのかな~とも思います。…個人的には、ちょっとアレでしたが…(^_^;)

ドラマ「なつぞら」の重要なキーワードの一つとして「開拓者」があると思いますが…、

開拓者というと、私の中ではどちらかというと泥臭いイメージがあって、そういう意味では、泰樹じいさんは確かに開拓者の風格があるし、とよ婆も開拓者世代の女性という感じがします。

しかしなつはどうでしょう…、特に東京に出てきて以降は、派手派手な衣装や装飾品ばかりが強調され、まあ、見た目が人間の中身を決めるわけではないですが、その肝心の人間の中身や開拓者としての本質的な強さを見せつけるような映像表現や、視聴者を納得させてくれるような場面は作品の中ではあんまり描かれていなかったような気がします。

前回(第152回)では、動画が水浸しになって会社にピンチが訪れた場面で、みんなを鼓舞するような、突き刺さるような強い発言をしていたなつですが、確かにその言葉はよかったけど、どこか表面的で説得力に欠け、違和感を感じてしまうのは、そういう小さな積み重ねがなかったからなのかな~とも思いました。

よく言われているように、なつがいつまでも20代の若さを保っていて、全く老けメイクをしないという点もちょっと説得力に欠けるかもしれませんね。人生の年輪みたいなものをもっと見た目にも感じさせてくれてもよかったかもしれません。

まあ、それでもなんだかんだ言いながら、最初から「なつぞら」をほとんど欠かさずにずっと見てきている私なので、批判的な意見を書いていても物語を楽しんでいることは確かと言えそうです…(^_^;)

それではまた!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク