190418natuzora154

 

スポンサーリンク

【なつぞら154】なつと千遥の里帰り。泰樹涙のハグ「おかえり!」


連続テレビ小説「なつぞら」LAST PHOTO BOOK (TVガイドMOOK)

今回はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第百五十四話のネタバレと感想ですよ~(^_^;)

「大草原の少女ソラ」のテレビ放映も終わり、夏休みに坂場家と千遥親子は柴田牧場へ来ています。

なつと千遥は牛舎にいる泰樹に挨拶に行くと、泰樹は千遥を愛おしそうに抱きしめるのでした。

なつ

「じいちゃん、ただいま。」

泰樹(涙を流しながら)

「おかえり…。千遥もおかえり。」

千遥(涙を流しながら)

「ただいま。」

一久

「おじいさん、ただいま」

泰樹(そっけなく)

「…ああ。」

その後、牛舎で千夏と優は、「ソラ」の番組で見た搾乳をなつの指導で実地体験をします。

…夜の柴田家の食卓はいつもよりも家族が多くワイワイにぎやかです。

なつ

「じいちゃん、イッキュウさんと私のテレビ、見てくれた?」

泰樹

「うん。」

一久

「どうでしたか?」

泰樹(何度もうなずき…)

「うん。」

剛男

「熱心に見てたさ。毎週欠かさず見てた…。ね、お義父さん。」

泰樹

「うん。…ちょっと、疲れた。…先に休む。」

泰樹はそう言うと、すぐに自分の部屋に引っ込んでしまいます。

なつ

「…じいちゃん、大丈夫?」

富士子

「ん?大丈夫さ、いつものことだから。今日は動いた方でないかい?」

照夫

「じいちゃんは、もうのんびりさしてやればいいべ。」

富士子

「年だもね。自然現象。」

なつ

「…」

その晩は、二階の部屋で子どもの布団を二つ挟んでなつと千遥が寝ながら向かい合ってしゃべっています。

なつ

「本当に…昔の私と千遥みたいだね。」

千遥

「あのころは…こんな布団で眠った記憶ないけど…」

なつ

「そうだね…覚えてんの?」

なつと千遥は路上で兄妹三人が寄り添うように座って寝ていた時のことを思い出しています。

なつ

「よく生きたね。」

千遥

「育ててくれて、ありがとう。」

なつ

「なに言ってんの…。千遥がいてくれたから、あのころは生きられたんだよ。結局、辛い思いばかりさせたけど。」

千遥

「でも私、浮浪児でよかったって今は思ってるよ。…今まで出会えた人がいるから。元気でいてくれてありがとう、お姉ちゃん。」

なつ

「こちらこそ。生きててくれてありがとう、千遥。」

翌日、なつたちは、富士子と砂良が古い牛舎の建物を利用して始めたアイスクリームショップを訪れます。

ショップの中には弥市郎が作った木彫りのクマも販売されているようでした。

富士子はみんなに三種類のアイスクリーム(普通のミルクといちごミルクと小豆ミルク)を出すと、みんな口を揃えて「おいしい、おいしい」とアイスをパクつくのでした。

そこへ夕見子も現れ千遥とはじめましての挨拶をかわします。

一久は、いつもの冷静沈着な仕事ぶりとは対照的に、プライベートで外食するような場面では、かなりの確率で粗相をすることになっていて、ここでもそのお約束どおりアイスをこぼすのでした。

なつはそんな一久を見てかなり冷ややかな表情をします。

牧場のアイスを食べた後、なつたちは帯広に出て「雪月」に立ち寄ります。

雪月はすっかり洋風な装いとなっていて、大繁盛しているようでした。

それもこれも、「大草原の少女ソラ」のテレビ放映のおかげと、雪月の人たちから、これでもかというくらいなっちゃんアゲアゲをされて、なつはご満悦です。

雪之助

「なっちゃん、この店が繁盛するってことはよ、あの天陽君の包装紙が全国に広まるってことだよ。…ハハハハ…評判がいいんだわ。…あれが、なっちゃんの役にもたったんだべ。」

なつ

「そう。あの絵がソラの原点なんです。」

雪之助

「やっぱりそうかい。天陽君も嬉しいべな。」

とよ

「じいちゃん、なんか言ってたかい?…漫画に感動してたべさ。」

なつ

「漫画って私たちのテレビ漫画?」

とよ

「そうだよ。しゃべってないのかい?…朝日を見たって。」

とよは泰樹が一人でよろつきながら雪月にやってきて、ソラに感動したと言っていた話をなつに聞かせるのでした。

なつ(嬉しそうにする)

「…」

とよ

「なっちゃん、ゆっくりしていきなね。じいちゃんのそばに少しでも長くいてやって…ね。」

なつ

「とよばあちゃん…ありがとう。」

なつたちが柴田家に帰ることには、天気はすっかり怪しい雲行きになりやがて雷雨となります。

泰樹は雷鳴とどろく空を見上げています。

次回に続く!

スポンサーリンク

【ドラマの情報・キャストなど…】

なつぞら (154)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」
作: 大森寿美男
坂場なつ: 広瀬すず
坂場一久: 中川大志
坂場優: 増田光桜
柴田富士子: 松嶋菜々子
杉山千遥: 清原果耶
杉山千夏: 粟野咲莉
柴田剛男: 藤木直人
柴田照夫: 清原翔
柴田砂良: 北乃きい
小畑雪之助: 安田顕
小畑とよ: 高畑淳子

小畑夕見子: 福地桃子
主題歌: 「優しいあの子」(スピッツ)
語り: 内村光良

「大草原の少女ソラ」が終わり、なつ(広瀬すず)は約束通り優(増田光桜)と千遥(清原果耶)と千夏(粟野咲莉)を連れて坂場(中川大志)とともに夏の十勝を訪れる。牛の乳搾りをやりたがっていた子供たちにやり方を教えるなつ。久々に柴田家の食卓を大勢で囲み、にぎやかな夕食となる。夜になり、かつての子供部屋で一緒に布団を並べるなつと千遥たち。これまで2人がどうやって生きてきたかをお互いにもっと知りたいと話し…。

【感想】

大正~昭和を生きた泰樹の世代の男にはおそらく欧米流のハグという文化はなかったんじゃないかな、とも思いましたが、涙を流して千遥を抱きしめる場面はよかったですね。

イッキュウさんというのは、かつて下山が考え出したニックネームだと思いますが、なつはよほどそのニックネームがお気に入りのようですね。

でもどちらかというと、いつも顔を合わせているわけでもない親族の前では「かずひささん」と正しい名前で夫を呼ぶべきなんじゃないかな~という気がしました。

千遥の「浮浪児でよかった」発言は、うーむ、どうなんでしょうねぇ…浮浪児になることは、親が亡くなったり、見捨てられたり、家出したりと…不幸な境遇からそうなることを余儀なくされるわけであって、その状態が「よかった」っていうのは、ちょっとね…(^_^;)

雪月のおじさんの天陽の包装紙の話ですが、なつの嬉しがらせのためだけに言うのではなくて、天陽の嫁さんにもきちんと伝えてほしいですね。

嵐が去った後、泰樹は再び朝日を見ることができるのでしょうか?

それではまた!

☆★_ ☆★_

スポンサーリンク