決定盤!  フィギュアスケート・ミュージック・ベスト

 

<高橋成美&木原龍一ペア結成とソチ五輪。2014世界選手権へ! / コーチは誰?>

 

今回は高橋成美&木原龍一ペアにスポットを当ててみました。

どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

【ペアで五輪出場は16年ぶり】

narumi

 

ソチ五輪のフィギュアスケート団体戦に出場した高橋成美さんと木
原龍一さんのペア。

 

オリンピックに日本人のペアが出場したのは16年ぶりのことなの
だそうですね。

 

16年前の舞台となったのは1998年の長野オリンピックで日本チー
ムのペアの代表としては荒井万里絵選手と天野真選手のペアが出場
していますね。(最下位、コーチは長久保裕さん。)

 

【マービン選手とのペア解消】

 

成美選手はといえば、ご存知の通り、カナダ国籍のマービン・トラ
ン選手とのペアで活躍していましたね。

 

2012年の世界選手権では銅メダルを獲得。

 

これは日本のペアとしては初めて獲得したメダルなのでした。

 

「そのままオリンピック行けるよ!」と期待する声も多く、マービ
ン選手も「ほんじゃぁ、日本国籍取っちゃるか!」みたいな勢いに
はなっていたのですが、諸般の事情によりコンビは解散してしまい
ます。

(「スケートに対する考え方の違い」が主な原因と言われています。)

 

【木原選手との出会いは?】

 
narumi

 

成美選手と木原選手が実際にペアとして手を合わせたのは2011年
のことだったようです。

 

日本はどちらかというとシングル重視にあり、シングルは選手層も
厚く技術も高いのに、ペアは選手層も厚くなく指導者も不足してい
ると指摘されてきました。

 

そのような現状を打開すべく、日本スケート連盟がペアの有力な選
手発掘のためのプロジェクトを進めてきたのですが、そこに木原選
手も呼ばれてやってきたのでした。

 

とはいえ、木原選手は当初はペアへの転向は希望していなかったよう
ですね。

 

木原選手のペア選手としての資質・適性などを見るために、成美選
手とのペアでトライアウトが行われます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【成美選手の発見!】

この成美選手のペアを見つけるための試行ではなかったようにも思い
ますが、成美選手は木原選手の伸びのあるスケーティングが、自分の
スタイルとの相性がいいことを発見。

 

マービン選手とのペア解消後、いっしょに大きなところを目指しい
くことができるパートナーとして成美選手は木原選手にペア結成を
打診したのでした。

 

二人はジャンプに対する考え方も共通するものがあったようですね。

 

ずっとシングルでやってきた木原選手は最初はやっぱり悩んだそう
ですが、自分の新たな可能性を信じてペアを結成することにします。

 

二人の練習はデトロイトで行われています。

 

成美選手は木原選手をパートナーに選んだことが正しかったのだと
手ごたえをつかんでいる様子でした。

 

【木原選手はペアは初めて!】

 

木原選手は最初はやはりやり慣れないペアの技術にかなり戸惑った
ようですね。

 

シングルではパートナーを投げたり持ち上げたりということはない
ですものね。

 

当初は毎日が全身筋肉痛との戦いだったようですね。

 

しかし猛練習の甲斐もあって二人のスケートはかなり息が合って
くるのでした。

 

 

ソチ五輪出場は?

しかしながら、ペアはソチ五輪の出場を逃してしまいます。
2012年9月の五輪予選のネーベルホルン杯で11位に終わります。
(出場可能な4枠に入ることができなかった。)

 

とはいえ、結成して1年もたたないうちに結果を出せと言う方が、
どこか無理があったようにも思います。

 

もちろん両選手は残念な表情を見せていましたが、気を取り直して
先に向けて世界選手権で頑張るという意気込みを見せていました。

 

しかし今回から始まる団体戦には日本も参戦することになり、
二人は五輪への出場を果たすことになります。(運がいい!)

 

また、さらにエストニアのペアが棄権したことによって個人戦
出場の切符が舞い込んでもきます。(ますます強運!)

 

団体戦ではSPが10組中8位、フリーは5組中5位。

個人戦では18位でした。(フリーには進めず。)

 

両選手はソチでの演技について、ブログにコメントしています。

 

「今自分たちが出来ることをしっかりできた」(木原選手)

「自分たちの滑りができた」(成美選手)

 

そして現在は、世界選手権に照準を絞ってデトロイトで練習を積み重ねています。

 

二人はまだ若いですし、これからの伸びしろもたくさんまだありそうですね。

 

順調に成長していけば次のオリンピックはいい色のメダルも取れそうな気もしますね。

 

【コーチは?】

 

コーチは佐藤有香さんとジェイソン・ダンジェンさん。

 

佐藤有香さんは真央ちゃんの現コーチの佐藤信夫さんの娘で1994
年の世界フィギュアのチャンピオンですね。

 

ダンジェンさんはペアで1997年、1998年全米フィギュアスケート
選手権を優勝しています。

 

実は、ダンジェンさんと佐藤有香さんは実は結婚していたことがあ
る(1999-2013)のですが、現在は離婚しています。

 

でも離婚してもコーチは共同でやっているそうです。

 

☆☆_ ☆☆_

 

フィギュアスケート世界選手権2014もあとすこしに迫ってきましたね。

 

二人がどんな素晴らしいスケーティングを見せてくれるのかとても
楽しみです。

 

しかし二人に続く選手は育っているのでしょうかね。

関連記事:高橋成美、木原龍一とトランとの関係 ソチ・オリンピックはいかに 性格・体重はどうなの?

☆☆_ ☆☆_

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

スポンサーリンク