浅田真央を巡る人々・ソチ編 佐藤信夫コーチ、真央パパ・ママ、森元首相… / 真央今後は?

浅田 真央 Book for Charity

 

<浅田真央を巡る人々・ソチ編 佐藤信夫コーチ、真央パパ・ママ、森元首相… / 真央今後は?>

 

今回は真央選手を巡る人々にスポットを当ててみました

どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

【佐藤信夫コーチはどんな人?】

 

浅田真央選手の現在のコーチと言えば佐藤信夫さんですよね。

 

佐藤コーチは現在72歳。(1942年1月3日生まれ、大阪出身)

 

佐藤コーチ自身のオリンピック成績は、1960年スコーバレーオリン
ピック14位、1964年インスブルックオリンピックは8位です。

 

有力な選手が自分一人しかいないときもあったりして、1962年の
世界選手権は自費参加を申し渡されたこともあったようです。

 

1965年世界選手権で日本人初の3回転サルコウを決めたそうです
ね。(フリー3位、総合4位)

 

娘さんは1994年の世界選手権覇者の佐藤有香さんですね。

 

佐藤有香さんは、現在でも有力選手のコーチや振付しとしてお茶の
間でもよく見かけますね。

 

信夫コーチは真央選手や小塚崇彦選手の他にも、娘の佐藤有香さん、
荒川静香さん、安藤美姫さんを始め、古いところでは佐野稔さんな
んかもコーチしていて、その実績が買われて、2010年に世界フィギ
ュアスケート殿堂入りを果たしていますね。

 

【真央選手と佐藤信夫コーチの出会い】

 

真央選手を佐藤信夫コーチに引き合わせたのは真央ちゃんのお母さ
んの匡子さんでした。

 

佐藤コーチは自分が受け持つことになった選手は、どんな選手でも
基礎からやり直しをさせる主義なので、お母さんから打診があった
時、すでに2回も世界選手権を勝っている真央ちゃんについて、
「今更基礎 から、というのはちょっと考えられない」と最初はいい
返事をくれなかったようです。

 

真央ママは当時から体調が必ずしも良いわけではなかったのにもか
かわらず2回も佐藤コーチのところに直接お願いに来るなど熱意を
見せ、佐藤コーチは真央ママの熱意に負けて、とうとう真央ちゃん
のコーチを引き受けるのでした。

 

こうして真央選手は、佐藤コーチの基礎からのやり直しプログラム
を受けることになります。

 

どんな鬼コーチなのかと思いきや、真央選手は信夫コーチについて
「一緒にいて落ち着くおじいちゃんみたい」とコメントしています。

 

しばらくはやり直しのためか低迷していた真央選手ですが、徐々に
効果が表れてきて、トリプルアクセルなしでも大きな大会を勝てる
までになってきました。

 

2013年は世界選手権銅メダル、グランプリシリーズでも負けなしで
トリプルアクセルも決まるようになってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

【果たして、ソチ五輪!】

浅田真央 夢の軌跡~ドリームのきせき~

 

注目のショートはまさかの大失敗におわり、なんと16位!!

 

真央選手は顔面蒼白でしたね。

 

真央選手の失敗の反響は大きく、真央選手を励まそうとするTwitter
数はオリンピック選手の中でも一番多かったとのことですね。

 

真央選手も「自分のやるべきことをしたい」と気持ちを立て直します。

 

「自分のやるべきことをしたい」というのは今は天国にいるお母さ
んに約束した言葉だったそうです。

(真央ちゃんはお母さんの最後の時間には立ち会えなかった…)

 

そして迎えたフリーでは、トリプルアクセルを含む伝説的なエイト・
トリプル成功!

 

真央ちゃんはこのようにコメントしています。

 

「前日のSPで自分の気持ちもどん底に落ち込んでいたので、フリ
ーは不安や恐怖心があった。 それを乗り越えての最高の出来だっ
たのでホッとして、うれしさのあまり、最高の気持ちになった。本
当は笑顔が良かったが、前日の気持ちも消えたわけではなかったの
で、泣いてしまった」
(MSN産経ニュースより引用)

 

まさに圧巻のフリー! 勇気と感動をもらったような気がします。

 

【真央パパも頑張った】

Mao AsadaMao Asada / Ryosuke Yagi

 

お母さんがいなくなってから、真央パパも娘のため何かしようと思
って、真央ちゃんのレッスン通い(名古屋⇔横浜の往復8時間)を
車で送り迎えする役を買って出たのでした。

 

真央パパはソチにはいかず、ママのいた日本の自宅で観戦したそう
です。(泣けるね。)

 

ところで、真央パパはその昔は地元でも有名な老舗のホストクラブ
のオーナーだったという情報もありますね。

 

人生いろいろですね。

 

【森会長のまさかのコメント】

 

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(元総理)は講
演で、真央ちゃんのショートプログラムについてまさかのコメント!

 

「なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いま
すが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときに
は必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと。」
(TBSラジオ 荻上チキsession22より引用)

 

ま、森さんと言えば首相時代から数々の「迷言」「失言」を連発して
いるお方なので、「ハハーン、そう来たか」という気もしないでなか
ったですが・・・。

 

まあ、森さんは森さんなりに真央ちゃんをフォローしようとしてい
たようなんですが…。

 

これに対して真央ちゃんのコメント。

「終わったことなので何とも思っていないが、聞いたときは『あっ、
そうなんだ』と思った。人間なので失敗することはある。仕方ない
とは言えないとは思うが、自分も失敗したくて失敗しているわけで
はないので、それは違うのかなと思った。」
(MSN産経ニュースより引用)

 

そりゃそうですよね。

 

で、結局、森さんはBSフジの番組で次のように謝罪したのでした。

 

「言いたいことが伝わっていなかったのは、自分も反省しなければ
と思っている。 孫や娘からも怒られた。そんなつもりではなかった」

さよか。

 

そのほか森さんは、リード兄弟についても「ええ~!酷くない、そ
れ?」
と言いたくなるような発言をしていたりして物議を醸してい
ますね。(こちらはまたの機会に。)

 

【真央ちゃんの今後は】

浅田舞&真央 スケーティング・ミュージック2010-2011(DVD付)

 

出場が決定している世界選手権とその後についての真央ちゃんは
こうコメントしています。

 

「世界選手権では、フリーもSPも両方そろえられるようにしたい。
ショーがその後にあるので、全国の皆さんに感謝の滑りをしてそれ
から、落ち着いて考えたい。今のところハーフハーフで…」
(MSN産経ニュースより引用)

 

ということは世界選手権後の続行もあり得るのでしょうか。

 

いや、ぜひとも続行してほしいものですね!

 

☆☆_ ☆☆_

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ