アンパンマン やなせたかし 遺産

スポンサーリンク

【遺産400億円の行方は!】

ニッポンスリッパ アンパンマンの子供用スリッパ アンパンマン ニューフェイス レッド

人気漫画「アンパンマン」の著者のやなせたかしさん。

アンパンマン・グッズは軽く1000点以上あり、アンパンマンのキャラクター
商品は毎年約400億円の売り上げがあったそうです。

すごいですね。

やなせさんの本はどれも500円~2600円くらいで販売されていて、1冊売れる
ごとに10%の印税収入があるそうです。

アンパンマンの単行本の売れ行きは「通算7800万部」ということのなので、
印税が100円として計算しても78億円、その他の権利収入を加味して、ざっくり
計算すると毎年10億円くらいの収入があったとのことです。

他の権利収入なども加味すると、最終的には全部で400億円くらいは遺産として
残っている計算になるそうです。

でも、

やなせさん自身の私生活はとっても質素だったといいますね。

もっとジャンジャン使えばよかったのにと、個人的には思ってしまいますが。

やなせさんは夫人に先立たれ、子どももつくらなかったし、親戚もいないという
ことになっているようですね。

(アンパンマンが子供だとは言ってましたが。)

そうなると、やなせさんが受取人を指名していなければ、莫大な遺産は国庫行きと
いう可能性もありそうです。

また、こういう事例では自称・親戚やにわか親戚が「相続」に名乗り出てくるなんて
ことが なければいいのですが。(外国ではよくあるようですね。)

スポンサーリンク

 

【やなせたかしさんの名言】

やなせたかしさんは<MSN産経ニュース>で被災地の子供に向けて、
以下のようなコメントを出しています;

『アンパンマンは“世界最弱”のヒーロー。ちょっと汚れたり、雨に
ぬれただけでも、ジャムおじさんに助けを求める。でも、いざと
いうときには、自分の顔をちぎって食べてもらう。そして戦います。
それは私たちも同じ。みんな弱いけれど、そうせずにはいられない
ときもあるのです』

やなせさんの名言はいっぱいあるんですけど、個人的にはこれが
一番よかったです。

アンパンマンに込められた「思い」をとても深く感じることができる
”つきささる”言葉のようにおもいますが如何でしょうか。

そして自著「人生なんて夢だけど」の中では以下のように述べています;

『人生の楽しみの中で最高のものは、やはり人を喜ばせることでしょう』

アンパンマンはたしかに多くの人を勇気づけ、子供たちを楽しませて
くれましたね。

そんな、やなせさんの人生は最高だったと思います。

 

【やなせたかしメモ】

なまえ:やなせ たかし
本名: 柳瀬 嵩
生年月日: 1919年2月6日(~ 2013年10月13日)
出身:東京都
職業: 漫画家、絵本作家、詩人

日本漫画家協会理事長(2000年5月 – 2012年6月)、
日本漫画家協会会長(2012年6月 – 2013年10月)を歴任した。

 

アンパンマン いらっしゃいませ! ジャムおじさんのやきたてパン工場
アンパンマン いらっしゃいませ! ジャムおじさんのやきたてパン工場

♪彡   ♪彡   △彡   ♪彡   ♪彡   ♪彡   ♪彡

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Similar Posts

    None Found

表示数

このページの先頭へ