スポンサーリンク

☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   △彡

【話題のあの人】

紅白2014で特別コーナーが設けられるほど人気のあるNHK朝ドラ『あまちゃん』。
物語のキーパーソンの一人は主人公の母親の「天野春子」ですよね。今回は彼女に
スポットを当てます。

 

【NHK朝ドラ『あまちゃん』の登場人物「天野春子」】

彼女はドラマのヒロイン「天野アキ」ちゃんのお母さんでしたね。

いちどは東京でアイドルを目指しますが、その後の大女優のうたの影武者として
「潮騒のメロディー」を歌ったりします。

残念ながら、アイドルデビューはかなわないのですが、娘のアキちゃんにその夢を託す
素敵なお母さんでしたよね。

学生時代から腕っぷしが強く、大人になっても負けん気の強い強烈なキャラクターでした。

 

【『あまちゃん』天野春子が歌う「潮騒のメロディー」のCD】

今年の7月31日にビクターエンタテインメントから、この「潮騒のメロディー」はCDとして
発売されていますね。歌っているのはもちろんキョンキョンこと小泉今日子さん。

あの曲は私にとっても、すごく印象深い曲で、『あまちゃん』が放映されている頃は、四六時中、
頭のなかであの曲がリフレインしている感じでした。いい曲ですよね。

 

「潮騒のメロディー」については以下のような解説もあります;

『この歌は、ドラマの中で1986年に公開されたアイドル映画「潮騒のメモリー」の主題歌という
コンセプトで作られ、春子が人気女優・鈴鹿ひろ美の影武者として歌ったという設定。後に能年玲
奈さんが演じるアキと橋本愛さんが演じるユイの2人が「潮騒のメモリーズ」としてデュエットし、
ストーリーを大きく動かすドラマの鍵となっている楽曲だ。歌詞は、ドラマの脚本を執筆している
宮藤官九郎さん、曲は、劇中の音楽を全般的に担当している大友良英さんとSachiko Mさんがそれ
ぞれこのドラマのために書き下ろした。ユーモアと80年代へのオマージュに満ちた、イミテーショ
ンの80年代アイドルソングとなっている。』(毎日新聞デジタルより抜粋)

 

【紅白で歌われるの?】

残念ながら、「潮騒のメモリー」は紅白の紅組の曲目にはエントリーされませんでしたね。

『あまちゃん』特別コーナーがあるようなので、もしかしたらそこで聞けるのかもしれません。
ちょっと期待しちゃいますね。

小泉今日子さんも最初は紅白に出ないって言ってましたが、結局、出演だけはするようです。

 

天野春子の少女時代役の有村架純さんも『あまちゃん』特別コーナーに出演するのでしょうか。
個人的には、これはぜひお願いしたいところであります。

 

あと、もちろん豊嶋花ちゃんもね。

 

スポンサーリンク

☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   △彡

 

【「あまちゃん」天野春子の少女役は誰?】

 

NHK朝ドラ『あまちゃん』で天野春子の若き日の役を演じているのは
有村架純さん。

 

今更ながら、めちゃめちゃかわいいですね。

 

しかし、あの髪型、80年代の聖子ちゃんカットですよね~。何ともなつかしいとうか。
あの当時の女子はみんながみんなあのような髪形をしていたものです。

そして、キョンキョンこと小泉今日子さんもあの髪型をしていましたね。

 

それにしても有村さんは「聖子ちゃんカット」があまりにもハマりすぎていた感じです。

昔のキョンキョンに似ているという声もあったりしますね。なるほどなるほど。

 

aBUTTON VOL.4_夢 有村架純 (PLUP SERIES)

 

 

【「あまちゃん」天野春子の幼少時を演じたのは誰?】

そして、『あまちゃん』で天野春子の幼女時代の役を演じていたのは、なんと、現在放映中
の同じくNHK朝ドラ『ごちそうさん』の主人公・め以子の幼女時代の役を演じている豊嶋花
ちゃんなのでした。

そういえば、花ちゃんは『梅ちゃん先生』にも出ていましたね。

花ちゃんの、あの愛くるしい顔は見ているだけでも癒される感じですね。
これからどんな成長を見せてくれるのか楽しみな子役さんです。

 

☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   △彡

 【有村架純さんメモ】

なまえ: 有村 架純
読み方: ありむら かすみ
生年月日: 1993年2月13日
年齢; 20歳
出身地: 兵庫県伊丹市
身長: 160cm
血液型: B型
職業: 女優、タレント
所属事務所: フラーム

 

【豊嶋花ちゃんメモ】

なまえ: 豊嶋 花
読み方: とよしま はな
生年月日: 2007年3月27日
年齢: 6歳
所属事務所: スマイルモンキー

 

 

☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   △彡

 

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

 

スポンサーリンク