大竹しのぶ 長男 にちか アメリカから帰国後は? 父親はさんま? IMALUのほかにもう一人子供?

SIOBHAN

 

<大竹しのぶ 長男 にちか アメリカから帰国後は? 父親はさんま? IMALUのほかにもう一人子供?>

今回は大竹しのぶさんとご長男の二千翔さんに注目してみました。

ふたりの現在の状況など、いろいろな情報をお届けします

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【IMALUさんのお兄さん】

 

大竹しのぶさんの子供といえば、IMALUさんが有名ですが、
IMALUさんにはお兄さんがいるのは知っていましたか?

IMALUさんのお兄さんということは、大竹さんの息子という
ことになりますね。

この息子の名前は二千翔さんと書きます。

読み方はちょっと難しくて「にせんしょう」ではなく、
「にちか」と読みます。

 

【二千翔さんはどんな人?】

二千翔さんは、高校受験の時に慶応や早稲田、青学など超難関校
を5つ受けて全部合格するという優秀な頭脳を持っています。

大学は、慶応義塾大学へ進学。

大学時代は結構遊んだというウワサですね。

で、大学卒業後はアメリカで1年半の間就労します。

帰国後は、大竹しのぶさんとIMALUさんのマネージャーを
務めていますね。

現在では、ご自身でも芸能情報総合サイト「gemmy(ジェミー)」
を運営しているそうです。

芸能人になりたい人と芸能事務所を橋渡しするサイトにしたい
ようですね。

 

【明石家さんまとの血のつながりはあるの?】

 

二千翔さんは、明石家さんまとは血のつながりはありません。

つまり、しのぶさんと、元旦那さんとのお子さんとのことです。

この元旦那というのは服部晴治さんという方でテレビ局(TBS)
のディレクターだった人ですね。

歌手の中村晃子とつき合っていた服部さんをしのぶさんが横取り
したということで当時は話題になりました。

そして、二千翔さんが生まれます。

さんまとはそのころから家族ぐるみでおつきあいをしていたようで
すね。

だから、二千翔さんのこともさんまは子供のころから知っている仲
なんですね。

子供のころから随分なついていたようですね。

さんまのことは「ボス」と呼んでいたとか…。

大竹さんが離婚するときもさんまと一緒について行くと言っていた
らしいですね。

 

スポンサーリンク

 

【実は、もう一人子供が…。】

元の旦那さんの服部さんは病で他界してしまうのですが、その後、
良き相談役となっていたさんまとしのぶさんは急接近します。

実はその時に、しのぶさんの妊娠が明らかになったそうなんですね。

それで急遽、さんまがプロポーズしたという。

その間約1年ほどしか経っていなかったので、しのぶさんは結構、
悩んだようですが、とうとうさんまとの結婚を決意したそうですね。

でも、残念なことに、決意した日に子供は流産してしまったそうな
んです。

そして、この事実は伏せられたまま、さんまとの結婚会見を行った
そうです。

もし、無事に生まれていれば、IMALUさんには二人のお兄さんが
いたということになりますね。

もしそうなら、名前はやっぱり、すこし凝ったものになっていたの
かな?

 

【さんまとの離婚】

さんまは主婦業を優先してほしかったそうですが、しのぶさんは女
優業を続けたかったのですれ違いが起きて離婚となってしまいます。

でも別れた後も連絡とか取り合ったり、家族で食事とかもしている
みたいですね。

その後しのぶさんは、野田秀樹さんと同棲生活を送っていることを
公表していましたたが、再び結婚というところまでは至らなかった
ようですね。

しのぶさんは、今でも野田さんに感謝しているようです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆彡

ふつう、別れたり離婚したりすると、仲が悪くなりそうなものです
けれど、そうならないのは大竹しのぶさんの魅力の一つなのではな
いか、などと思う次第でありました。

今後も大竹しのぶさんとご家族のますますの活躍に期待しましょう。

 

【大竹しのぶメモ】

なまえ: 大竹 しのぶ
読み方: おおたけ しのぶ
本名: 大竹 しのぶ
生年月日: 1957年7月17日
年齢: 56歳
出身: 東京都品川区
血液型: A型
職業: 女優、タレント

おっとりとした口調や雰囲気でバラエティ番組などでは天然ボケキャラとして知られる。

2011年秋の褒章において、紫綬褒章を受章
白鳥を見たことがありますか(紙ジャケット仕様)
白鳥を見たことがありますか(紙ジャケット仕様)

♪彡   ♪彡   △彡   ♪彡   ♪彡   ♪彡   ♪彡

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ