ごちそうさん ネタバレあらすじ104~105話 竹本教授大激怒。野球少年たちは?

ごちそうさん おいしい伝言クリップマグネット [ん][ 6:ゴチコ ] 連続テレビ小説 [ガチャ]「GOCHICO」(単品販売)

 

<ごちそうさん ネタバレあらすじ104~105話 竹本教授大激怒。野球少年たちは?>

本日放送分の「ごちそうさん」104話のおさらいと、
105話のあらすじを見ていきます。

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

【今日(104話)のおさらい】

野球に打ち込む長男の泰介君。キャッチャーミットはもうボロボロ
です。

ある晩、泰介君はめ以子にミットの修繕を頼むのでした。

普段は仕事が忙しくて子供たちにはかまってやれない悠太郎は、こ
の時とばかりにミットの修繕に名乗り出ます。

悠太郎は一晩かかってミットを修繕し、まため以子は野球部員に配
るためのカレーのお弁当をこしらえるのでした。

甲子園へ行けるための料理に頭を悩ますめ以子でしたが、おやつ目
当てに家の掃除をさせられている子どもの一言に料理のヒントをひ
らめいたようです。

「掃除がんばっても、がんばんなくても出てくるお菓子は一緒やか
ら。」

つまり、野球の試合で勝つたびに豪華な料理を出せば、役に立てる
のではないか、とめ以子は思いついたのです。

一方の悠太郎、新しい駅の工事にまたもや資材が不足している模様。

竹本教授に設計のやり直しをお願いしに行きますが、竹本教授はま
たいつものハイテンションで怒鳴りちらしながら拒絶します。

机の上に並べてあった靴を悠太郎に投げつけて

「このウドの大木がぁ!!」

とか言っています。

それでも反論する悠太郎の同僚には

「この底抜け浪花節野郎がぁ!!」

とかね。

 

悠太郎はくらい面持ちでかえってくると、川久保さんが泰介君にミ
ットをプレゼントしているところでした。

大学時代の友人の「お古」を譲ってもらったとのことです。

泰介君と師岡君はミットを見て大喜びです。

そしてそれを見ているふ久ちゃんもちょっと嬉しそうな表情です。

 

悠太郎の浮かない表情をみた川久保さんは、その晩、泰介君にプレ
ゼントしたミットの件で「差し出がましいことをした」と詫びを入
れますが、悠太郎は逆にお礼を言うのでした。

男同士は気が合ったところで会話も弾んでいる様子でした。

一方のめ以子は、泰介君と師岡君に「段階式カツ制度」なるものの
説明を始めます。

これは何かというと、甲子園までの予選を一回勝ごとに、め以子が
かつ料理を振る舞うということでした。

め以子が用意したトーナメント表によると、

1回戦を勝つと:「野菜とイワシのカツ」

2回戦を勝つと:「イカのカツ」

3回戦を勝つと:「白身魚のカツ」

そして4回戦の順懸賞に勝つと:「牛カツ」

です。

 

準決勝に勝てば「牛カツ」と聞いて、二人は「ウォー!!」と叫んで、
テンションは上がりまくります!!

師岡君は「準決勝では、倒れてもいいくらい投げてやる!」と意気
込んでいます。

あまりのテンションに、傍で見ていたふ久ちゃんは眼をまんまるに
しています。

翌朝、第一回戦に向かう泰介君を西門家のみんなは家の外まで送り、
「勝ってくるぞと勇ましく~」の歌を大声で歌って勇気づけていま
す。

悠太郎は、「行け~。泰介~!!」と珍しく大声で叫びながら泰介君
の背中をバンバン叩いています。

 

かくして、一回戦、二回戦も無事に勝ち進むことができたようです。

毎晩のカツ三昧に泰介と師岡君は大満足の様子!

そして明日は「白身魚」のかかった三回戦!

<ここまで>

そして次回に続きます。

 

【視聴率は?】

1月27日~2月1日放送の第17週の週間平均視聴率は22.6%と

のこと。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)

放送開始から4カ月連続で21%超ですよ。

すごいですね。

 

【気になる2月5日のあらすじはいかに…。ネタバレ情報!】

連続テレビ小説 ごちそうさん(105)「乳の教え」
2014年2月5日(水) 8時00分~8時15分

<「yahoo! JapanテレビGuide」より>

め以子(杏)は、カツの材料を求めて出かけた市場で、源太(和田正人)に会って驚く。病気のために除隊になったというが、やつれた様子を心配する。鉄筋の不足に悩む悠太郎(東出昌大)は、藤井(木本武宏)から竹筋コンクリートなるものについて聞く。甲子園は今後5年間、開催されないことが決まる。泰介(菅田将暉)と諸岡(中山義紘)が戻ってくると、め以子は苦労して手に入れた卵でタルタルソースを作り、カツをふるまう。

スポンサーリンク

 

【ふ久ちゃんは…】

野球少年二人をいつも見つめているふ久ちゃんです。

「段階式カツ方式」の説明に興奮する二人を見て目をまんまるく
させていました。

第一回戦の朝、皆で泰介君を送り出すシーンにも、もちろんふ久
ちゃんはいました。

「勝ってくるぞと勇ましく~」も歌っていましたね。

手の「フリ」が何というか小っちゃいところがかわいい感じでした。

【今後の楽しみな展開と感想】

どうですか!

「段階式カツ方式」とは考えたものですね。

西門家は毎日のようにカツ三昧なのでしょうか。

ちょっとカロリーが心配な気もしますが…。

そっか、でも試合は毎日あるわけじゃないから大丈夫ですね。

泰介君を送り出すとき、悠太郎が珍しくテンション高くて面白かっ
たですね。

泰介君は雄介に背中をバンバン叩かれてました。

それにしても、泰介君は毎朝あんなにでっかい弁当箱を持っていく
のでしょうかね。

しかも、今日はカレーが入っていて、水平にしていなければならな
、という無茶なめ以子の要求も笑顔で受け止める泰介君でした。

 

あと、竹本教授の「キレっぷり」がやっぱり面白かったですね。
(個人的にはツボですね。毎回大爆笑!)

明日は源太がやつれた姿で戻って来るようですね。

次回も絶対チェックしなきゃですね。

Don’t miss it!!!

△彡 ♪彡 ♪彡 ♪彡 ♪彡 ♪彡 ♪彡

【主なキャスト】

め以子(杏): 東京のフランス料理店の娘で大阪に嫁いできた。

西門悠太郎(東出昌大): め以子の旦那。大阪の高速鉄道部勤務。

西門ふ久(松浦雅): め以子・悠太郎の長女

西門泰介(菅田将暉): め以子の長男

西門活男(西畑大吾): め以子の次男

西門静(宮崎美子): 悠太の父親の後妻、もと芸妓

川久保希子(高畑充希): 悠太郎の妹。「大阪ラヂオ」のアナウンサー

室井さん(山中崇): 作家。め以子の友人の桜子の夫

桜子(前田亜季): め以子の同級生

竹元勇蔵(ムロツヨシ): 悠太郎の大学(帝大)の先輩。天才建築家。大阪の建築顧問。

川久保啓司(茂山逸平): 希子の夫。大阪ラヂオの技術者

泉源太(和田正人): め以子の幼なじみ。

諸岡弘士(中山義紘):天満南中野球部ピッチャー。泰介君とバッテリーを組む。

ナレーション(吉行和子): め以子の祖母。今は「ぬかみそ」になっている。

原作・脚本: 森下佳子

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ♪彡 ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ♪彡

最後までお読みくださいましてありがとうございした。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

表示数

このページの先頭へ