「花子とアン」演劇女子・畠山鶴子と、演じる大西礼芳さんのプロフィールほか

hatakeyama2

 

<「花子とアン」演劇女子・畠山鶴子と、演じる大西礼芳さんのプロフィールほか>

 

今回はNHK「花子とアン」の登場人物・畠山鶴子と、演じる大西礼
芳さんにスポットを当てて見ました。

どうぞ、ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

スポンサーリンク

 

【演劇女子・畠山鶴子】

 

「花子とアン」畠山鶴子さんははなのクラスメートであり、同室
に寝泊まりする仲間ですね。

 

はなが子供だった頃は畠山さんという登場人物はおらず、15歳にな
った時に出てきたので途中から編入してきたか、それまでは別の部
屋にいたのかもしれません。

 

畠山さんと一緒に松平幸子さんという女子も出てくるのですが、松平
さんは、はやばやと結婚を決めて「寿退学」をしてしまうのでした。
(松平さんも同級生だった。)

 

登場人物の中では醍醐亜矢子と仲が良いらしく、いつも亜矢子と一
緒に登場していますね。

 

おとなし目でおしとやかな感じな女子なのですが、日曜学校で男子
学生からもらう付け文にワクワクしているお年頃です。

 

亜矢子たちと「せえの!」で一斉にもらった付け文をテーブルの上に
出した時には、畠山さんの付け文数は2つでした。

 

これから読もう!というまさにその瞬間に、付け文たちは、ブラック
バーン校長に没収されて暖炉の中に投げ込まれてしまうのでした。
(付け文の哀れ。)

 

いつもは、どちらかというと控えめな感じの畠山さんですが、「演劇」
となると俄然やる気を見せるようです。

 

修和女学校の大文学会でのお芝居「ロミオとジュリエット」で進行
役を買って出てあれこれ取り仕切っている姿がすごく生き生きとして
いる感じです。

 

大文学会は畠山さんの大きな見せ所とも言えそうですね。

 

楽しみです。

 

スポンサーリンク

 

【大西礼芳さん】

hatakeyama2

 

畠山鶴子を演じるのは大西礼芳さんですね。

実は大西さんは「かよ」役の黒木華さんと同じ大学・同じ学科の
出身だったりします。

 

京都造形芸術大学の映画学科出身。

 

なるほど、それで演劇関係のシーンになるとキリッと引き締まった
感じになるのか、と勝手に納得。

 

趣味で日本舞踊、英会話もやるというので、修和女学校のお嬢様と
してはピッタリな感じもしますね。

 

【大西 礼芳さんメモ】

なまえ: 大西 礼芳
読み方: おおにし あやか
生年月日: 1990年6月29日
現年齢: 23歳
出身: 三重県伊勢市
身長: 160cm
所属事務所: トライストーン・エンタテイメント

 

※「礼芳」と書いて「あやか」と読みます。

「れいほう」じゃないよ。(私は「れいほう」かと思っていましたが。)

 

【ゴールデンボンバーのPVに出演】

大西さんはゴールデンボンバーの2014年1月1日発売の曲
『101回目の呪い』のPVにも出演しているようですね。

 

※PVはプロモーション・ビデオのことです。

(知ってました?私は知らんかった。)

 

OLみたいな役で出演しているようですね。どんなストーリーが展
開されているのでしょうかね。

 

CDを買うかカラオケのJOYSOUNDで映像を見ることができるようです。

 

101回目の呪い(初回限定盤A)

<101回目の呪い(初回限定盤A)>

 

☆★_ ☆★_

昨年は、小田急ロマンスカーのCMにも出演していたようです。
(動画を探したのですが見つかりませんでした。残念。)

 

☆★_ ☆★_

大西礼芳さんはこれからもますます活躍が期待できそうですね。

 

応援しています!

 

☆★_ ☆★_

最後までお読みくださいましてありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Similar Posts

    None Found

表示数

このページの先頭へ